本ページには広告が含まれています。

使い方
UWSC本体とPro版に付随するRecIE・UWSC Debugger・Uws2Exeの使い方の説明です。
スクリプト
UWSCで使える構文や関数など。
COMオブジェクト
外部のアプリケーションを操作します。
自作関数
管理人が作成した自作関数を一覧にしたページです。サンプルプログラムで利用しているすべての自作関数を掲載していますので、ぜひ活用してください。
DOM
HTML文書を操作します。
DLL
DLLとはプログラムの実行時に必要な機能を含んでいるライブラリファイルであり、複数のアプリケーションで同じ機能を共有することができます。

人気記事

スクリプト関数
UWSCで使えるスクリプト関数の一覧です。
KBD関数 (スクリプト関数)
使い方
UWSC本体とPro版に付随するRecIE・UWSC Debugger・Uws2Exeの使い方の説明です。
GETID関数 (スクリプト関数)
指定したウィンドウのIDを取得します。第一引数に取得したいウィンドウのタイトル(一部でも可)を指定します。UWSCでウィンドウを操作するのによく使う関数です。
CHKIMG関数 (スクリプト関数)
指定画像が画面上にあるかチェックしあればその情報を返します。
スクリプト
スクリプトとはテキストファイルで書かれた命令文(ソースコード)のことで、Windowsに付属しているメモ帳でもプログラムを書くことができます。しかしメモ帳では機能が少なすぎるので、フリーのものでも良いので何かテキストエディタをインストールすることをおすすめします。ここではサクラエディタでの設定方法を説明します。
BTN関数 (スクリプト関数)
ChkImgX関数 (スクリプト関数)
IF文
IF文は条件によって処理を分岐させたいときに利用します。条件が成り立たないときの処理(偽)は省略することができます。処理が2文以上のときはIFB-ENDIFを使います。
WHILE文
ループ処理を行います。ループの始めに条件判定を行いループ内で条件を変えないと無限ループになります。条件が合わなければ処理は1度も実行されません。最低1度は処理を実行したい場合はREPEAT-UNTIL文を使います。前判定。