Application.CustomListCountカスタムリストカウント プロパティ

本ページには広告が含まれています。

定義済みのユーザー設定リスト(組み込みリストを含む)の数を返します。

構文
  1. Long = Application.CustomListCount
引数
戻り値

Application オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Application.CustomListCount プロパティ
Microsoft Excelアプリケーションを表すApplication オブジェクトを返します。
Borders.Application プロパティ
Excel.CustomListCountが属するApplication オブジェクトを返します。

プログラム実行例

定義されているユーザー設定リストの数を出力

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

PRINT Excel.Application.CustomListCount()

//Excel.Quit
使用関数

関連記事

XLOPEN関数 (スクリプト関数)
XLOPEN関数は、Excelまたは OOoのCalcを起動する関数です。第一引数に読み込むファイル名(新規の場合は省略)、第二引数に起動フラグ、第三引数以降にパラメータ(パスワードや読み込み専用)を指定します。
XLSETDATA関数 (スクリプト関数)
Excelのセルに値を代入します。
XLSHEET関数 (スクリプト関数)
PageSetup オブジェクト
Excel のシートの印刷設定を表すオブジェクトです。シートの用紙サイズ、余白、方向、印刷タイトルなど、印刷に関連する設定を管理するのに使用されます。
Application オブジェクト
Excel全体を表すオブジェクトです。Excel全体に対しての操作、設定変更をしたい場合に使います。
Border オブジェクト
上下左右一つひとつの罫線を表します。
Characters オブジェクト
オブジェクトに含まれる文字列の文字を表します。
Charts オブジェクト
指定されたブックまたは作業中のブックにあるすべてのグラフシートのコレクションです。
Comment オブジェクト
セルに関連付けられたコメントを表します。
FullSeriesCollection オブジェクト
グラフのデータ系列を表すコレクション。