Application.DisplayAlertsディスプレイアラーツ プロパティ

本ページには広告が含まれています。

マクロの実行中に特定の警告やメッセージのダイアログを表示/非表示を制御します。値の取得・設定が可能なブール型で既定値はTrueです。

構文
  1. Boolean = Application.DisplayAlerts
  2. Application.DisplayAlerts = Boolean
引数
戻り値

Application オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Application.DisplayAlerts プロパティ
Microsoft Excelアプリケーションを表すApplication オブジェクトを返します。
Borders.Application プロパティ
Excel.DisplayAlertsが属するApplication オブジェクトを返します。

使い方

保存していないブックを閉じようとしたときや、シートを削除するときに表示される確認のダイアログを制御できます。

警告・メッセージを表示させます。

UWSC
Application.DisplayAlerts  = TRUE

警告・メッセージを非表示にします。

UWSC
Application.DisplayAlerts = FALSE

以下は、シートを削除するときの確認メッセージを非表示にできます。処理が終わったらDisplayAlertsにTrueを代入して元に戻しておきます。この代入を怠ると通常時でもダイアログが表示されなくなるので注意が必要です。

UWSC
WITH Excel
	.Application.DisplayAlerts = FALSE    // 警告を非表示
	.ActiveSheet.Delete                   // 警告を出さずにシートを削除
	.Application.DisplayAlerts = TRUE     // 警告を再度表示
ENDWITH

プログラム実行例

セルに文字列を入力(A1形式)

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE

ID = GETID("Microsoft Excel")
CTRLWIN(ID, ACTIVATE)

Excel.Workbooks.Add()
Excel.Range("A1").Value = "UWSC"

// Excel.DisplayAlerts = FALSE
// Excel.Quit
使用関数
解説

セルに文字列を入力(R1C1形式)

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE

ID = GETID("Microsoft Excel")
CTRLWIN(ID, ACTIVATE)

Excel.Workbooks.Add()
Excel.Cells(1, 1).Value = "UWSC"

// Excel.DisplayAlerts = FALSE
// Excel.Quit
使用関数
解説

アクティブセルに文字列を入力する

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

DIM Range = Excel.Application.ActiveCell
SLEEP(1.000)
Range.Value = "abc"
SLEEP(3.000)

Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE
Excel.Quit
使用関数

アクティブシート名を取得する

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

DIM Worksheet = Excel.Application.ActiveSheet
PRINT Worksheet.Name

Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE
Excel.Quit
使用関数

アクティブプリンターの名前を取得

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE

PRINT Excel.Application.ActivePrinter

Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE
Excel.Quit
結果
プレーンテキスト
Brother DCP-J963N Printer on Ne03:
使用関数

スタートアップフォルダのパスを取得

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE

PRINT Excel.Application.StartupPath

//Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE
//Excel.Quit
結果
プレーンテキスト
C:\Users\akita\AppData\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART
使用関数

関連記事

XLOPEN関数 (スクリプト関数)
XLOPEN関数は、Excelまたは OOoのCalcを起動する関数です。第一引数に読み込むファイル名(新規の場合は省略)、第二引数に起動フラグ、第三引数以降にパラメータ(パスワードや読み込み専用)を指定します。
XLSETDATA関数 (スクリプト関数)
Excelのセルに値を代入します。
XLSHEET関数 (スクリプト関数)
PageSetup オブジェクト
Excel のシートの印刷設定を表すオブジェクトです。シートの用紙サイズ、余白、方向、印刷タイトルなど、印刷に関連する設定を管理するのに使用されます。
Application オブジェクト
Excel全体を表すオブジェクトです。Excel全体に対しての操作、設定変更をしたい場合に使います。
Border オブジェクト
上下左右一つひとつの罫線を表します。
Characters オブジェクト
オブジェクトに含まれる文字列の文字を表します。
Charts オブジェクト
指定されたブックまたは作業中のブックにあるすべてのグラフシートのコレクションです。
Comment オブジェクト
セルに関連付けられたコメントを表します。
FullSeriesCollection オブジェクト
グラフのデータ系列を表すコレクション。