Application.FindFileファインドファイル メソッド

本ページには広告が含まれています。

[ファイルを開く]タイアログボックスを表示します。[開く]でファイルが正常に開かれるとTrue、[キャンセル]をするとFalseが返ります。

構文
Boolean = Application.FindFile
引数
戻り値
True
ファイルを正しく開けた
False
ファイルを正しく開けなかった

Application オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Application.FindFile メソッド
Microsoft Excelアプリケーションを表すApplication オブジェクトを返します。
Borders.Application プロパティ
Excel.FindFileが属するApplication オブジェクトを返します。
UWSC

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE

IFB Excel.Application.FindFile = TRUE THEN
	MSGBOX("ファイルは正しく開かれました")
ELSE
	MSGBOX("ファイルを正しく開けませんでした")
ENDIF

参考文献

  1. Application.FindFile メソッド (Excel) | Microsoft Learn
  2. Office TANAKA - Excel VBA Tips[3種類の[ファイルを開く]ダイアログボックス]

関連記事

Application.GetOpenFilename メソッド (Excel)
[ファイルを開く]ダイアログボックスを表示します。選択したファイルのパスを戻値として返します。
Shell.BrowseForFolder メソッド
フォルダ選択のダイアログボックスを表示し、選択したフォルダのFolderオブジェクトを返す。
XLSETDATA関数 (スクリプト関数)
Excelのセルに値を代入します。
XLSHEET関数 (スクリプト関数)
PageSetup オブジェクト
Excel のシートの印刷設定を表すオブジェクトです。シートの用紙サイズ、余白、方向、印刷タイトルなど、印刷に関連する設定を管理するのに使用されます。
Application オブジェクト
Excel全体を表すオブジェクトです。Excel全体に対しての操作、設定変更をしたい場合に使います。
Border オブジェクト
上下左右一つひとつの罫線を表します。
Characters オブジェクト
オブジェクトに含まれる文字列の文字を表します。
Charts オブジェクト
指定されたブックまたは作業中のブックにあるすべてのグラフシートのコレクションです。
Comment オブジェクト
セルに関連付けられたコメントを表します。