GetCustomListNum

任意の文字列の配列に対応する、ユーザー設定リストの番号を返します。

構文
Long = Application.GetCustomListNum( ListArray )
引数
ListArray
文字列の配列
戻り値

関連記事

Application.AddCustomList メソッド (Excel)
ユーザー設定リストを追加します。
Application.DeleteCustomList メソッド (Excel)
ユーザー設定リストを削除します。
Application.CustomListCount プロパティ (Excel)
定義済みのユーザー設定リスト(組み込みリストを含む)の数を返します。