Application.GetCustomListNumゲットカスタムリストナム メソッド

本ページには広告が含まれています。

任意の文字列の配列に対応する、ユーザー設定リストの番号を返します。

構文
  1. Long = Application.GetCustomListNum( ListArray )
引数
ListArray 省略可
文字列の配列
戻り値

Application オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Application.GetCustomListNum メソッド
Microsoft Excelアプリケーションを表すApplication オブジェクトを返します。
Borders.Application プロパティ
Borders オブジェクトが属するApplication オブジェクトを返します。

関連記事

Application.CustomListCount プロパティ (Excel)
定義済みのユーザー設定リスト(組み込みリストを含む)の数を返します。
XLOPEN関数 (スクリプト関数)
ExcelまたはOOoのCalcを起動。
XLSHEET関数 (スクリプト関数)
PageSetup オブジェクト
Application オブジェクト
Border オブジェクト
Borders オブジェクト
Characters オブジェクト
Chart オブジェクト
Charts オブジェクト