Font.Boldボールド プロパティ

本ページには広告が含まれています。

セルに太字を取得または設定します。

構文
  1. Boolean = Font.Bold
  2. Font.Bold = Boolean
引数
戻り値

使い方

セルA1を太字にする。

UWSC
Excel.Range("A1").Font.Bold = TRUE

セルA1の太字を解除する。

UWSC
Excel.Range("A1").Font.Bold = FALSE

5文字毎に太字にする。

UWSC
WITH Excel.Range("A1")
	.Value = "abcdefghijklmnopqrstuvwxyz"
	FOR i = 1 TO .Characters.Count
		IF i MOD 5 = 0 THEN .Characters(i, 1).Font.Bold = TRUE
	NEXT
ENDWITH

プログラム実行例

人口の上位3位取得

上位3位まで赤文字にする。

使ったファイルのダウンロードは下記リンクからできます。

[download "/example/510/都道府県別人口.xlsx"]
UWSC
DIM Excel = ExcelBoot("都道府県別人口.xlsx")

CONST xlDown = -4121
CONST xlTop10Top = 1

WITH Excel
	.Range("A:E").EntireColumn.AutoFit
	FOR col = 3 TO 5
		DIM Top10 = .Range(.Cells(2, col), .Cells(48, col)).FormatConditions.AddTop10
		WITH Top10
			.Rank = 3
			.TopBottom = xlTop10Top
			.Font.Color = 255
			.Font.Bold = TRUE
		ENDWITH
	NEXT
ENDWITH
結果
.png
使用関数

関連記事

Font.FontStyle プロパティ (Excel)
フォントのスタイルを設定します。
Font.Name プロパティ (Excel)
フォント名を取得または設定します。
Font.Superscript プロパティ (Excel)
上付き文字を取得または設定します。
BALLOON関数 (スクリプト関数)
指定したメッセージを吹き出しで表示します。
XLOPEN関数 (スクリプト関数)
XLOPEN関数は、Excelまたは OOoのCalcを起動する関数です。第一引数に読み込むファイル名(新規の場合は省略)、第二引数に起動フラグ、第三引数以降にパラメータ(パスワードや読み込み専用)を指定します。
XLSETDATA関数 (スクリプト関数)
Excelのセルに値を代入します。
XLSHEET関数 (スクリプト関数)
PageSetup オブジェクト
Excel のシートの印刷設定を表すオブジェクトです。シートの用紙サイズ、余白、方向、印刷タイトルなど、印刷に関連する設定を管理するのに使用されます。
Application オブジェクト
Excel全体を表すオブジェクトです。Excel全体に対しての操作、設定変更をしたい場合に使います。
Border オブジェクト
上下左右一つひとつの罫線を表します。