Bold

セルに太字を設定または取得します。

構文
Boolean = Font.Bold
Font.Bold = Boolean
引数
戻り値

セルA1を太字にする。

Excel.Range(“A1”).Font.Bold = TRUE

セルA1の太字を解除する。

Excel.Range(“A1”).Font.Bold = FALSE

5文字毎に太字にする。

WITH Excel.Range(“A1”)
	.Value = “abcdefghijklmnopqrstuvwxyz”
	FOR i = 1 TO .Characters.Count
		IF i MOD 5 = 0 THEN .Characters(i, 1).Font.Bold = TRUE
	NEXT
ENDWITH

プログラム実行例

人口の上位3位取得

上位3位まで赤文字にする。

使ったファイルのダウンロードは下記リンクからできます。

DIM Excel = ExcelBoot("都道府県別人口.xlsx")

CONST xlDown = -4121
CONST xlTop10Top = 1

WITH Excel
	.Range("A:E").EntireColumn.AutoFit
	FOR col = 3 TO 5
		DIM Top10 = .Range(.Cells(2, col), .Cells(48, col)).FormatConditions.AddTop10
		WITH Top10
			.Rank = 3
			.TopBottom = xlTop10Top
			.Font.Color = 255
			.Font.Bold = TRUE
		ENDWITH
	NEXT
ENDWITH

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : 開くファイルのパス名 
// 【戻値】
//   Excelオブジェクト 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION ExcelBoot(path = "")
	DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	Excel.Visible = TRUE
	IFB path = "" THEN
		Excel.Workbooks.Add
	ELSE
		DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
		IFB FSO.GetParentFolderName(path) = "" THEN
			path = GET_CUR_DIR + "\" + path
		ENDIF
		Excel.Workbooks.Open(path)
	ENDIF
	RESULT = Excel
FEND
  1. ExcelBoot
  2. Excel.Range.EntireColumn.AutoFit
  3. Excel.Application.Range
  4. Excel.Application.Cells
  5. Excel.Range.FormatConditions
  6. Excel.FormatConditions
  7. Excel.FormatConditions.AddTop10
  8. Excel.Top10.Rank
  9. Excel.Top10.TopBottom
  10. Excel.Top10.Font
  11. Excel.Font.Color
  12. Excel.Font.Bold
結果

関連記事

Font.FontStyle プロパティ (Excel)
BALLOON (スクリプト関数)
指定したメッセージを吹き出しで表示します。
Font オブジェクト (Excel)
フォント属性(フォント名、フォント サイズ、色など)の全体を表します。
Font.Italic プロパティ (Excel)
セルに斜体を設定または取得します。
Font.Name プロパティ (Excel)
フォント名を取得または設定します。
Font.Size プロパティ (Excel)
フォントサイズを取得または設定します。
Font.Strikethrough プロパティ (Excel)
取り消し線を設定または取得します。
Font.Subscript プロパティ (Excel)
下付き文字を設定または取得します。
Font.Superscript プロパティ (Excel)
上付き文字を設定または取得します。