Address

参照範囲を表す文字列型(String)の値を返します。

構文
Range.Address( RowAbsolute, ColumnAbsolute, ReferenceStyle, External, RelativeTo )
引数
RowAbsolute
行部分の参照を絶対参照として返すには、Trueを指定します。既定値はTrueです。
ColumnAbsolute
列部分の参照を絶対参照として返すには、Trueを指定します。既定値はTrueです。
ReferenceStyle (XlReferenceStyle
参照形式を指定します。既定値はxlA1です。
External
外部参照を返すには、Trueを指定します。ローカル参照を返すには、Falseを指定します。既定値はFalseです。
RelativeTo
RowAbsoluteおよびColumnAbsoluteがFalseであるときに、ReferenceStyleがxlR1C1である場合は、相対参照の開始点を含める必要があります。
戻り値

Range オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Range.Address プロパティ (Excel)
Address (Excel)
Application.Cells プロパティ (Excel)
Range.Find メソッド (Excel)
Range.SpecialCells メソッド (Excel)
Range.Columns プロパティ (Excel)
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
Range.End プロパティ (Excel)
Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
Range.EntireRow プロパティ (Excel)
Range.Item プロパティ (Excel)
Range.Offset プロパティ (Excel)
Range.Resize プロパティ (Excel)
Range.Rows プロパティ (Excel)

定数一覧

XlReferenceStyle 列挙

名前説明
xlR1C1-4150R1C1形式
xlA11A1形式
CONST xlR1C1 = -4150
CONST xlA1 = 1

プログラム実行例

セルの位置を取得*

現在選択されているセル情報を取得します。Book1シートのA1セルが選択されている状態で実行しています。

CONST xlA1 = 1
CONST xlR1C1 = -4150

WITH Excel.Application.Selection
	PRINT "絶対参照<#TAB><#TAB>" + .Address
	PRINT "絶対参照(行)<#TAB>" + .Address(TRUE, FALSE)
	PRINT "絶対参照(列)<#TAB>" + .Address(FALSE, TRUE)
	PRINT "相対参照<#TAB><#TAB>" + .Address(FALSE, FALSE)
	PRINT "R1C1形式<#TAB><#TAB>" + .Address(TRUE, TRUE, xlR1C1)
	PRINT "外部参照<#TAB><#TAB>" + .Address(TRUE, TRUE, xlR1C1, TRUE)
ENDWITH
  1. Excel.Application.Selection
  2. Excel.Range
  3. Excel.Range.Address
結果
絶対参照		$A$1
絶対参照(行)	A$1
絶対参照(列)	$A1
相対参照		A1
R1C1形式		R1C1
外部参照		[Book1]Sheet1!R1C1

結合したセルの情報を取得

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

WITH Excel
	.Range("A1:E5").Merge
	IFB .Range("A1").MergeCells THEN
		WITH .Range("A1").MergeArea
			PRINT "結合範囲<#TAB>" + .Address
			PRINT "大きさ<#TAB><#TAB>" + .Count
			PRINT "行数<#TAB><#TAB>" + .Rows.Count
			PRINT "列数<#TAB><#TAB>" + .Columns.Count
			PRINT "左上セル<#TAB>" + .Item(1).Address
			PRINT "右下セル<#TAB>" + .Item(.Count).Address
		ENDWITH
	ENDIF
ENDWITH

// Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE
// Excel.Quit
  1. Excel.Range.Merge
  2. Excel.Range.MergeCells
  3. Excel.Range.MergeArea
  4. Excel.Range.Address
  5. Excel.Range.Count
  6. Excel.Range.Rows
  7. Excel.Range.Columns
  8. Excel.Range.Item
  9. Excel.Range.Address
結果
結合範囲	$A$1:$E$5
大きさ		25
行数		5
列数		5
左上セル	$A$1
右下セル	$E$5