Borders

タグ: ,

セルの罫線を表します。

構文
Range.Borders.[_Default]( Index )
引数
Index
XlBordersIndex列挙
戻り値

Range オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Range.Borders プロパティ (Excel)
Borders オブジェクト (Excel)
Application.Cells プロパティ (Excel)
Range.Find メソッド (Excel)
Range.SpecialCells メソッド (Excel)
Range.Columns プロパティ (Excel)
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
Range.End プロパティ (Excel)
Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
Range.EntireRow プロパティ (Excel)
Range.Item プロパティ (Excel)
Range.Offset プロパティ (Excel)
Range.Resize プロパティ (Excel)
Range.Rows プロパティ (Excel)

定数一覧

XlBordersIndex 列挙

名前説明
xlDiagonalDown5範囲内の各セルの左上隅から右下方向に実行される罫線。
xlDiagonalUp6範囲内の各セルの左下隅から右上への罫線。
xlEdgeLeft7範囲内の左端の罫線
xlEdgeTop8範囲内の上側の罫線
xlEdgeBottom9範囲内の下側の罫線
xlEdgeRight10範囲内の右端の罫線
xlInsideVertical11範囲外の罫線を除く、範囲内のすべてのセルの垂直罫線
xlInsideHorizontal12範囲外の罫線を除く、範囲内のすべてのセルの水平罫線
CONST xlDiagonalDown = 5
CONST xlDiagonalUp = 6
CONST xlEdgeLeft = 7
CONST xlEdgeTop = 8
CONST xlEdgeBottom = 9
CONST xlEdgeRight = 10
CONST xlInsideVertical = 11
CONST xlInsideHorizontal = 12

プログラム実行例

罫線を引く

B2セルにカラーパレット1番の色で罫線(外枠)を引きます。

CONST xlContinuous = 1

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

DIM Borders = Excel.Range("B2").Borders

WITH Borders
	.LineStyle = xlContinuous
	.ColorIndex = 1
ENDWITH
  1. CREATEOLEOBJ
  2. Excel.Application.Visible
  3. Excel.Workbooks.Add
  4. Excel.Range
  5. Excel.Range.Borders
  6. Excel.Borders
  7. Excel.Borders.LineStyle
  8. Excel.Borders.ColorIndex

表を作成

// XlBordersIndex
CONST xlDiagonalDown = 5
CONST xlEdgeLeft = 7
CONST xlEdgeTop = 8
CONST xlEdgeBottom = 9
CONST xlEdgeRight = 10

// XlLineStyle
CONST xlDouble = -4119
CONST xlContinuous = 1

// XlBorderWeight
CONST xlThick = 4

DIM Excel = ExcelBoot()

WITH Excel
	.Range("B2:F6").Borders.LineStyle = xlContinuous
	.Range("B2:F6").BorderAround(xlContinuous, xlThick)
	.Range("F2:F6").Borders(xlEdgeLeft).LineStyle = xlDouble
	.Range("B6:F6").Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlDouble
	.Range("B2").Borders(xlDiagonalDown).LineStyle = xlContinuous
	WITH .Range("B2:B6").Borders(xlEdgeRight)
		.LineStyle = xlContinuous
		.Weight = xlThick
	ENDWITH
	WITH .Range("B2:F2").Borders(xlEdgeBottom)
		.LineStyle = xlContinuous
		.Weight = xlThick
	ENDWITH
ENDWITH

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : 開くファイルのパス名 
// 【戻値】
//   Excelオブジェクト 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION ExcelBoot(path = "")
	DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	Excel.Visible = TRUE
	IFB path = "" THEN
		Excel.Workbooks.Add
	ELSE
		DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
		IFB FSO.GetParentFolderName(path) = "" THEN
			path = GET_CUR_DIR + "\" + path
		ENDIF
		Excel.Workbooks.Open(path)
	ENDIF
	RESULT = Excel
FEND
  1. Excel.Range
  2. Excel.Range.Borders
  3. Excel.Borders.LineStyle
  4. Excel.Borders.Weight
結果
解説
  1. 18行目
    	.Range("B2:F6").Borders.LineStyle = xlContinuous
    セル範囲B2:F6に格子の罫線を引きます。
  2. 19行目
    	.Range("B2:F6").BorderAround(xlContinuous, xlThick)
    セル範囲B2:F6に太線で外枠罫線を引きます。
  3. 20行目
    	.Range("F2:F6").Borders(xlEdgeLeft).LineStyle = xlDouble
    セル範囲F2:F6に2本線の左罫線を引きます。
  4. 21行目
    	.Range("B6:F6").Borders(xlEdgeTop).LineStyle = xlDouble
    セル範囲B6:F6に2本線の上罫線を引きます。
  5. 22行目
    	.Range("B2").Borders(xlDiagonalDown).LineStyle = xlContinuous
    セルB2に左上から右下の斜線を引きます。
  6. 23-26行目
    	WITH .Range("B2:B6").Borders(xlEdgeRight)
    		.LineStyle = xlContinuous
    		.Weight = xlThick
    	ENDWITH
    セル範囲B2:B6に太線で右罫線を引きます。
  7. 27-30行目
    	WITH .Range("B2:F2").Borders(xlEdgeBottom)
    		.LineStyle = xlContinuous
    		.Weight = xlThick
    	ENDWITH
    セル範囲B2:F2に太線で下罫線を引きます。

関連記事

Application.ActiveCell プロパティ (Excel)
アクティブな1つのセルを表すRangeオブジェクトを取得します。
Application.Cells プロパティ (Excel)
作業中のワークシートのすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Application.Range プロパティ (Excel)
セルまたはセル範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Merge メソッド (Excel)
指定したRangeオブジェクトから結合されたセルを作成します。
Range.UnMerge メソッド (Excel)
結合された領域をそれぞれのセルに分割します。
Range.Columns プロパティ (Excel)
指定した範囲の列を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Count プロパティ (Excel)
コレクションに含まれるオブジェクトの数を返します。
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
現在の領域を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.MergeCells プロパティ (Excel)
セルの結合状態を設定または取得します。値を指定しなかった場合は結合状態を取得します。
Range.Rows プロパティ (Excel)
指定した範囲の行を表すRangeオブジェクトを返します。
Borders.ColorIndex プロパティ (Excel)
罫線または輪郭線の色を表す値を取得または設定します。
Borders.Color プロパティ (Excel)
罫線の色を取得または設定します。
Borders.LineStyle プロパティ (Excel)
罫線または輪郭線の種類を設定します。
Borders.Parent プロパティ (Excel)
Borders.Weight プロパティ (Excel)
境界線の太さを表すXlBorderWeight値を取得または設定します。