EntireColumn

指定された範囲を含む1つまたは複数の列全体を表すRangeオブジェクトを返します。読み取り専用です。

行全体のRangeオブジェクトを取得するにはEntireRowプロパティを使います。

構文
Range = Range.EntireColumn
引数
戻り値
Rangeオブジェクト

Range オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
EntireColumn (Excel)
Application.Cells プロパティ (Excel)
Range.Find メソッド (Excel)
Range.SpecialCells メソッド (Excel)
Range.Columns プロパティ (Excel)
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
Range.End プロパティ (Excel)
Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
Range.EntireRow プロパティ (Excel)
Range.Item プロパティ (Excel)
Range.Offset プロパティ (Excel)
Range.Resize プロパティ (Excel)
Range.Rows プロパティ (Excel)

プログラム実行例

2ヶ月毎の連続データを入力*

CONST xlColumns = 2
CONST xlChronological = 3
CONST xlMonth = 3

WITH Excel.Range("A1")
	.Value = "2021/01/01"
	.DataSeries(xlColumns, xlChronological, xlMonth, 2, "2021/12/31")
	.EntireColumn.AutoFit
ENDWITH
  1. Excel.Range
  2. Excel.Range.Value
  3. Excel.Range.DataSeries
  4. Excel.Range.EntireColumn
  5. Excel.Range.AutoFit