Range.Item プロパティ

指定したセル範囲のオフセット値で指定される範囲を表すRangeオブジェクトを返します。

構文
  1. Range = Range.Item( RowIndex, ColumnIndex )
引数
RowIndex必須
第二引数が指定されている場合は、返されるセルの相対行番号を指定します。第二引数が指定されていない場合は、返される部分範囲のインデックスを指定します。
ColumnIndex省略可
取得するセルの相対列番号を指定します。
戻り値

Range オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Range オブジェクト
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。
Application.Cells プロパティ
作業中のワークシートのすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Application.Range プロパティ
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。
Range.Find メソッド
セル範囲内で特定の情報を検索します。
Range.Item プロパティ
指定した種類と値に一致するすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Columns プロパティ
指定した範囲の列を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.CurrentRegion プロパティ
現在の領域を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.End プロパティ
対象セル範囲の領域における終端のRangeオブジェクトへの参照を返します。
Range.EntireColumn プロパティ
指定された範囲を含む1つまたは複数の列全体を表すRangeオブジェクトを返します。読み取り専用です。
Range.EntireRow プロパティ
指定されたセル範囲を含む行全体を表すRangeオブジェクトを返します。読み取り専用です。
Range.Item プロパティ
指定したセル範囲のオフセット値で指定される範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Offset プロパティ
指定された範囲からオフセットした範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Resize プロパティ
指定された範囲のサイズを変更します。サイズが変更されたセル範囲(Rangeオブジェクト)を返します。
Range.Rows プロパティ
指定した範囲の行を表すRangeオブジェクトを返します。
Worksheet.Range プロパティ
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。

プログラム実行例

結合したセルの情報を取得

UWSC
DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

WITH Excel
	.Range("A1:E5").Merge
	IFB .Range("A1").MergeCells THEN
		WITH .Range("A1").MergeArea
			PRINT "結合範囲<#TAB>" + .Address
			PRINT "大きさ<#TAB><#TAB>" + .Count
			PRINT "行数<#TAB><#TAB>" + .Rows.Count
			PRINT "列数<#TAB><#TAB>" + .Columns.Count
			PRINT "左上セル<#TAB>" + .Item(1).Address
			PRINT "右下セル<#TAB>" + .Item(.Count).Address
		ENDWITH
	ENDIF
ENDWITH

// Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE
// Excel.Quit
    (6) (7) (8) (9) (10,11,12,14) (11) (12) (13,14) (13,14)
結果
プレーンテキスト
結合範囲	$A$1:$E$5
大きさ		25
行数		5
列数		5
左上セル	$A$1
右下セル	$E$5