Merge

指定したRangeオブジェクトから結合されたセルを作成します。セル結合を解除するにはUnMergeメソッド、セル結合の判定するにはMergeCellsプロパティを使います。

構文
Range.Merge( Across )
引数
Across
指定した範囲のセルを行ごとに結合して、行ごとに別のセルを作成する場合はTrue。既定値はFalseです。
戻り値

Range オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Range.Merge メソッド (Excel)
Merge (Excel)
Application.Cells プロパティ (Excel)
Range.Find メソッド (Excel)
Range.SpecialCells メソッド (Excel)
Range.Columns プロパティ (Excel)
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
Range.End プロパティ (Excel)
Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
Range.EntireRow プロパティ (Excel)
Range.Item プロパティ (Excel)
Range.Offset プロパティ (Excel)
Range.Resize プロパティ (Excel)
Range.Rows プロパティ (Excel)

プログラム実行例

結合したセルの情報を取得

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
Excel.Workbooks.Add()

WITH Excel
	.Range("A1:E5").Merge
	IFB .Range("A1").MergeCells THEN
		WITH .Range("A1").MergeArea
			PRINT "結合範囲<#TAB>" + .Address
			PRINT "大きさ<#TAB><#TAB>" + .Count
			PRINT "行数<#TAB><#TAB>" + .Rows.Count
			PRINT "列数<#TAB><#TAB>" + .Columns.Count
			PRINT "左上セル<#TAB>" + .Item(1).Address
			PRINT "右下セル<#TAB>" + .Item(.Count).Address
		ENDWITH
	ENDIF
ENDWITH

// Excel.Application.DisplayAlerts = FALSE
// Excel.Quit
  1. Excel.Range.Merge
  2. Excel.Range.MergeCells
  3. Excel.Range.MergeArea
  4. Excel.Range.Address
  5. Excel.Range.Count
  6. Excel.Range.Rows
  7. Excel.Range.Columns
  8. Excel.Range.Item
  9. Excel.Range.Address
結果
結合範囲	$A$1:$E$5
大きさ		25
行数		5
列数		5
左上セル	$A$1
右下セル	$E$5

関連記事

Range.UnMerge メソッド (Excel)
結合された領域をそれぞれのセルに分割します。
Range.MergeCells プロパティ (Excel)
セルの結合状態を設定または取得します。値を指定しなかった場合は結合状態を取得します。
Application.ActiveCell プロパティ (Excel)
アクティブな1つのセルを表すRangeオブジェクトを取得します。
Application.Cells プロパティ (Excel)
作業中のワークシートのすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Application.Range プロパティ (Excel)
セルまたはセル範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Borders プロパティ (Excel)
セルの罫線を表します。
Range.Columns プロパティ (Excel)
指定した範囲の列を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Count プロパティ (Excel)
コレクションに含まれるオブジェクトの数を返します。
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
現在の領域を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Rows プロパティ (Excel)
指定した範囲の行を表すRangeオブジェクトを返します。