Offset

指定された範囲からオフセットした範囲を表すRangeオブジェクトを返します。

構文
Range = Range.Offset( [RowOffset], [ColumnOffset] )
引数
RowOffset (Variant
オフセットする範囲の行数(正、負、または0)を指定します。正の値は下方向、負の値は上方向のオフセットを表します。既定値は0です。
ColumnOffset (Variant
オフセットする範囲の列数(正、負、または0)を指定します。正の値は右方向、負の値は左方向のオフセットを表します。既定値は0です。
戻り値

Range オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Range.Offset プロパティ (Excel)
Offset (Excel)
Application.Cells プロパティ (Excel)
Range.Find メソッド (Excel)
Range.SpecialCells メソッド (Excel)
Range.Columns プロパティ (Excel)
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
Range.End プロパティ (Excel)
Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
Range.EntireRow プロパティ (Excel)
Range.Item プロパティ (Excel)
Range.Offset プロパティ (Excel)
Range.Resize プロパティ (Excel)
Range.Rows プロパティ (Excel)

プログラム実行例

相対座標

DIM Excel = ExcelBoot()

WITH Excel.Range("E5")
	FOR r = -3 TO 3
		FOR c = -3 TO 3
			DIM Range = .Offset(r, c)
			Range.Value = "(" + r + ", " + c + ")"
			IF r = 0 AND c = 0 THEN Range.Value = "基準セル"
		NEXT
	NEXT
ENDWITH

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : 開くファイルのパス名 
// 【戻値】
//   Excelオブジェクト 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION ExcelBoot(path = "")
	DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
	Excel.Visible = TRUE
	IFB path = "" THEN
		Excel.Workbooks.Add
	ELSE
		DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
		IFB FSO.GetParentFolderName(path) = "" THEN
			path = GET_CUR_DIR + "\" + path
		ENDIF
		Excel.Workbooks.Open(path)
	ENDIF
	RESULT = Excel
FEND
  1. ExcelBoot
  2. Range.Offset プロパティ
  3. Range.Value プロパティ
結果