Parse

指定セル範囲内のデータを分割して、複数のセルに入力します。分割元セル範囲内のデータは、互いに隣接する複数の列のセル範囲に分配されます。分割元として指定できるセル範囲は、1つの列内のセル範囲に限られます。

構文
Range.Parse( ParseLine, Destination )
引数
ParseLine
データの区切り位置を文字列で指定します。この文字列の中では、区切り位置を角かっこ ([]) で指定します。
Destination
分割するデータの入力先の左上位置となるセル範囲(Rangeオブジェクト)を指定します。この引数を省略すると、分割元のセル範囲になります。
戻り値

Range オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Excel.Range オブジェクト
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。
Application.Cells プロパティ
作業中のワークシートのすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Application.Range プロパティ
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。
Range.Find メソッド
セル範囲内で特定の情報を検索します。
Range.SpecialCells メソッド
指定した種類と値に一致するすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Columns プロパティ
指定した範囲の列を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.CurrentRegion プロパティ
現在の領域を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.End プロパティ
対象セル範囲の領域における終端のRangeオブジェクトへの参照を返します。
Range.EntireColumn プロパティ
指定された範囲を含む1つまたは複数の列全体を表すRangeオブジェクトを返します。読み取り専用です。
Range.EntireRow プロパティ
指定されたセル範囲を含む行全体を表すRangeオブジェクトを返します。読み取り専用です。
Range.Item プロパティ
指定したセル範囲のオフセット値で指定される範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Offset プロパティ
指定された範囲からオフセットした範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Resize プロパティ
指定された範囲のサイズを変更します。サイズが変更されたセル範囲(Rangeオブジェクト)を返します。
Range.Rows プロパティ
指定した範囲の行を表すRangeオブジェクトを返します。
Worksheet.Range プロパティ
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。