Parse

指定セル範囲内のデータを分割して、複数のセルに入力します。分割元セル範囲内のデータは、互いに隣接する複数の列のセル範囲に分配されます。分割元として指定できるセル範囲は、1つの列内のセル範囲に限られます。

構文
Range.Parse( ParseLine, Destination )
引数
ParseLine
データの区切り位置を文字列で指定します。この文字列の中では、区切り位置を角かっこ ([]) で指定します。
Destination
分割するデータの入力先の左上位置となるセル範囲(Rangeオブジェクト)を指定します。この引数を省略すると、分割元のセル範囲になります。
戻り値

Range オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Range.Parse メソッド (Excel)
Parse (Excel)
Application.Cells プロパティ (Excel)
Range.Find メソッド (Excel)
Range.SpecialCells メソッド (Excel)
Range.Columns プロパティ (Excel)
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
Range.End プロパティ (Excel)
Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
Range.EntireRow プロパティ (Excel)
Range.Item プロパティ (Excel)
Range.Offset プロパティ (Excel)
Range.Resize プロパティ (Excel)
Range.Rows プロパティ (Excel)