PrintOut

オブジェクトを印刷します。

構文
Range.PrintOut( From, To, Copies, Preview, ActivePrinter, PrintToFile, Collate, PrToFileName )
引数
From
印刷を開始するページの番号を指定します。この引数を省略すると、最初のページから印刷します。
To
印刷を終了するページの番号を指定します。この引数を省略すると、最後のページまで印刷します。
Copies
印刷部数を指定します。この引数を省略すると、印刷部数は1部になります。
Preview
True の場合、印刷をする前に印刷プレビューを実行します。Falseまたは省略した場合、直ちに印刷を行います。
ActivePrinter
アクティブなプリンターの名前を指定します。
PrintToFile
Trueの場合、ファイルへ出力します。引数PrToFileNameが省略された場合、出力先のファイル名を指定するためのダイアログボックスを表示します。
Collate
Trueの場合、部単位で印刷します。
PrToFileName
_PrintToFile_がTrueに設定されている場合、この引数は印刷先のファイル名を指定します。
戻り値

Range オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

Range.PrintOut メソッド (Excel)
PrintOut (Excel)
Application.Cells プロパティ (Excel)
Range.Find メソッド (Excel)
Range.SpecialCells メソッド (Excel)
Range.Columns プロパティ (Excel)
Range.CurrentRegion プロパティ (Excel)
Range.End プロパティ (Excel)
Range.EntireColumn プロパティ (Excel)
Range.EntireRow プロパティ (Excel)
Range.Item プロパティ (Excel)
Range.Offset プロパティ (Excel)
Range.Resize プロパティ (Excel)
Range.Rows プロパティ (Excel)