WrapText

セル幅に収まらない文字列を折り返して、全体を表示します。

[セルの書式設定]にある[配置]タブの[折り返して全体を表示する]を操作するのと同じ効果があります。

構文
  1. Boolean = Range.WrapText
  2. Range.WrapText = Boolean
引数
戻り値

Range オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Excel.Range オブジェクト
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。
Application.Cells プロパティ
作業中のワークシートのすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Application.Range プロパティ
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。
Range.Find メソッド
セル範囲内で特定の情報を検索します。
Range.SpecialCells メソッド
指定した種類と値に一致するすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Columns プロパティ
指定した範囲の列を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.CurrentRegion プロパティ
現在の領域を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.End プロパティ
対象セル範囲の領域における終端のRangeオブジェクトへの参照を返します。
Range.EntireColumn プロパティ
指定された範囲を含む1つまたは複数の列全体を表すRangeオブジェクトを返します。読み取り専用です。
Range.EntireRow プロパティ
指定されたセル範囲を含む行全体を表すRangeオブジェクトを返します。読み取り専用です。
Range.Item プロパティ
指定したセル範囲のオフセット値で指定される範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Offset プロパティ
指定された範囲からオフセットした範囲を表すRangeオブジェクトを返します。
Range.Resize プロパティ
指定された範囲のサイズを変更します。サイズが変更されたセル範囲(Rangeオブジェクト)を返します。
Range.Rows プロパティ
指定した範囲の行を表すRangeオブジェクトを返します。
Worksheet.Range プロパティ
セル、行、列、連続した1つ以上のセル範囲を表します。

関連するメソッド・プロパティ

項目メソッド・プロパティ
表示形式Range.NumberFormatLocal プロパティ
項目メソッド・プロパティ
文字の配置
横位置Range.HorizontalAlignment プロパティ
縦位置Range.VerticalAlignment プロパティ
インデントRange.IndentLevel プロパティ
前後にスペースを入れるRange.AddIndent プロパティ
文字の制御
折り返して全体を表示するRange.WrapText プロパティ
縮小して全体を表示するRange.ShrinkToFit プロパティ
セルを結合するRange.MergeCells プロパティ
右から左
文字の方向Range.ReadingOrder プロパティ
方向Range.Orientation プロパティ
項目メソッド・プロパティ
ロック▶/com/excel/range/locked/◀
表示しない▶/com/excel/range/formulahidden/◀

[折り返して全体を表示する]にチェックを入れる。

Excel.Range("A1").WrapText = TRUE

[折り返して全体を表示する]のチェックを外す。

Excel.Range("A1").WrapText = FALSE