FileSystemObjectファイルシステムオブジェクト オブジェクト

本ページには広告が含まれています。

ファイルやフォルダを操作するためのオブジェクトです。FileSystemObjectオブジェクトは、ファイル操作に必要な機能を提供するため、ファイルの読み取りや書き込み、フォルダの作成や削除、ファイルの属性の取得や設定などの操作が可能です。

構文
UWSC
DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
参照設定名
プレーンテキスト
Microsoft Scripting Runtime

オブジェクト

<表示切り替え>

File
ファイルのすべてのプロパティにアクセスできます。
Files
指定されたフォルダ内の全ファイルのコレクションを返します。
Folder
フォルダのすべてのプロパティにアクセスできます。
TextStream
テキストファイルを表します。

メソッド

<表示切り替え>

BuildPath
フォルダパスとフォルダまたはファイルの名前を結合したパス文字列を返します。
CopyFile
指定したファイルを別の場所にコピーします。
CopyFolder
指定したフォルダを別の場所にコピーします。
CreateFolder
フォルダを作成します。
DeleteFile
指定したファイルを削除します。
FileExists
指定したファイルが存在するかどうかを確認します。
GetExtensionName
指定したパスの最後のコンポーネントのファイル拡張子名を返します。
GetFile
指定したパスのFile オブジェクトを返します。
GetFileName
指定したパスの最後のコンポーネントのファイル名またはフォルダ名を返します。
GetFolder
指定したパスのFolder オブジェクトを返します。
GetParentFolderName
指定したパスの最後のコンポーネントの親フォルダ名を返します。
GetSpecialFolder
Windowsの一部の特殊フォルダのFolder オブジェクトを返します。
OpenTextFile
ファイルを開き、ファイルへのアクセスに使用できるTextStream オブジェクトを返します。

プロパティ

<表示切り替え>

Drives
コンピューター上のすべてのFSO.FileSystemObjectを格納したDrivesコレクション返します。

参考文献

  1. FileSystemObject オブジェクト | Microsoft Learn

関連記事

Folder.CopyHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダに移動します。
getFileList関数 (自作関数)
サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。
DELETEFILE関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを削除します。
FCLOSE関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを閉じます。
FDELLINE関数 (スクリプト関数)
テキストファイルの指定行を削除します。
FGET関数 (スクリプト関数)
テキストファイルの読み込みを行います。
FOPEN関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを開き、ファイルIDを取得します。
GETDIR関数 (スクリプト関数)
FSO.DeleteFile メソッド
指定したファイルを削除します。