FSO.CopyFileコピーファイル メソッド

本ページには広告が含まれています。

sourceに指定したファイルをdestinationにコピーします。

第三引数にFalseを指定してコピー先に同名ファイルがある場合、destinationに存在しないフォルダを指定した場合はエラーが発生します。

構文
FileSystemObject.CopyFile( source, destination, overwrite )
引数
source 省略可
コピーする1つ以上のファイルを示すファイル指定用文字列を指定。ワイルドカード文字も使用できます。
destination 省略可
ファイルをコピーする先を指定する文字列。ワイルドカードは使用不可。
overwrite 省略可
既存のファイルを上書きできるかどうかを指定。Trueならば上書きされ、Falseならば上書きされません。省略可。
戻り値

ワイルドカード

sourceの最終要素にはワイルドカード(*?)が使えます。*は0文字以上の任意の文字列にマッチし、?は任意の1文字にマッチします。

マッチするファイル
* フォルダ内にあるすべてのファイル
*.xlsx 拡張子がxlsxのExcelファイル
?????.txt ファイル名が5文字のテキストファイル
System*.* ファイル名の先頭がSystemのファイル
*System*.* ファイル名にSystemを含むファイル

使い方

コピー

D:\Desktop\Book1.xlsxD:\Desktop\backup\にコピーします。

destinationにフォルダ名を指定した場合はコピー元と同じファイル名でコピーされます。

UWSC
FSO.CopyFile("D:\Desktop\Book1.xlsx", "D:\Desktop\backup\")

名前を変更してコピー

destinationにファイル名を含むパスを指定した場合は、そのファイル名でコピーされます。

D:\Desktop\Book1.xlsxD:\Desktop\backup\Book1_copy.xlsxとファイル名を変えてコピーします。

UWSC
FSO.CopyFile("D:\Desktop\Book1.xlsx", "D:\Desktop\backup\Book1_copy.xlsx")

ワイルドカード

D:\Desktop\にあるUWSCファイル(*.uws)をD:\Desktop\UWSC\にコピーします。

UWSC
DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")

FSO.CopyFile("D:\Desktop\*.uws", "D:\Desktop\UWSC\")

関連記事

Folder.CopyHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
DELETEFILE関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを削除します。
FCLOSE関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを閉じます。
FDELLINE関数 (スクリプト関数)
テキストファイルの指定行を削除します。
FGET関数 (スクリプト関数)
テキストファイルの読み込みを行います。
FOPEN関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを開き、ファイルIDを取得します。
GETDIR関数 (スクリプト関数)
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダに移動します。
FileSystemObject オブジェクト
FSO.DeleteFile メソッド
指定したファイルを削除します。