FSO.CopyFolderコピーフォルダー メソッド

本ページには広告が含まれています。

sourceに指定したフォルダをdestinationにコピーします。

構文
FileSystemObject.CopyFolder( source, destination, overwrite )
引数
source (String)必須
コピーする1つ以上のフォルダーを指定する文字列を指定。ワイルドカード文字を使用可。
destination (String)必須
sourceのフォルダーとサブフォルダーのコピー先を指定する文字列を指定。ワイルドカード文字は使用不可。
overwrite (Boolean = True)省略可
既存のフォルダーを上書きするかどうかを示すブール値です。Trueの場合はファイルが上書きされ、Falseの場合は上書きされません。既定値はTrueです。
戻り値

注意点

sourceの最後に\をつけるとエラーが発生します。

UWSC
D:\Desktop\sample\
UWSC
D:\Desktop\sample

destinationの最後に\があるかないかでコピー先が変わります。

実行例

UWSC
FSO.CopyFolder("D:\Desktop\a", "D:\Desktop\b")
結果
  • D:
    • Desktop
      • a
        • aa
          • text.txt
        • text.txt
      • b
        • aa
          • text.txt
        • text.txt

赤字がプログラムの実行により追加されたファイルです。

関連記事

Folder.CopyHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
Shell.Explore メソッド
指定したディレクトリをエクスプローラで開きます。
Folder オブジェクト
シェルフォルダを表します。
Folder.GetDetailsOf メソッド (Shell)
フォルダ内のアイテムに関する詳細を取得します。
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダに移動します。
Folder.ParseName メソッド (Shell)
指定されたアイテムのFolderItem オブジェクトを作成して返します。
Folder.ParentFolder プロパティ (Shell)
指定したフォルダの親のFolder オブジェクトを返します。
FileSystemObject オブジェクト
Folder オブジェクト
Folder オブジェクト
フォルダのすべてのプロパティにアクセスできます。