DateCreated

指定ファイルの作成日時を返します。

フォルダの作成日時を取得するにはFolder.DateCreatedを使います。

構文
File.DateCreated
引数
戻り値
ファイルの作成日時(「yyyy/mm/dd hh:nn:ss」形式)

File オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

FileSystemObject.GetFile
指定したパスのFileSystemObject.Fileを返します。

プログラム実行例

ファイルの作成日時を取得(FSO)

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
PRINT FSO.GetFile("D:\Desktop\Book1.xlsx").DateCreated
    (1) (2) (2)
結果
2021/12/27 21:47:45

関連記事

DELETEFILE (スクリプト関数)
テキストファイルを削除します。
FCLOSE (スクリプト関数)
テキストファイルを閉じます。
FDELLINE (スクリプト関数)
テキストファイルの指定行を削除します。
FGET (スクリプト関数)
テキストファイルの読み込みを行います。
FOPEN (スクリプト関数)
テキストファイルを開き、ファイルIDを取得します。
FPUT (スクリプト関数)
テキストファイルの書き込みを行います。
Shell.ShellExecute メソッド
指定されたファイルに対して指定された操作を実行します。
Folder.CopyHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダに移動します。
FileSystemObject.CopyFile
指定したファイルを別の場所にコピーします。
FileSystemObject.DeleteFile
指定したファイルを削除します。
getFileList (自作関数)
サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。
Folder.DateCreated (FileSystemObject)
指定したフォルダが作成された日付と時刻を返します。