FolderExists

指定したフォルダが存在するかどうかを確認します。

指定したファイルが存在するか調べるにはFileExistsを使用します。

構文
Boolean = FileSystemObject.FolderExist( filespec )
引数
filespec
フォルダ名を指定
戻り値
True
指定したフォルダが存在する
False
指定したフォルダが存在しない

プログラム実行例

表示されているすべてのウィンドウのスクリーンショットを保存

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")

DIM folderspec = "D:\Desktop\Screenshot"
IF FSO.FolderExists(folderspec) = FALSE THEN FSO.CreateFolder(folderspec)

FOR n = 0 TO GETALLWIN() - 1
	DIM ID = ALL_WIN_ID[n]
	IFB STATUS(ID, ST_VISIBLE) = TRUE		
		DIM filename = ID + "_" + STATUS(ID, ST_TITLE)
		filename = PathCleanupSpec(filename)
		DIM path = FSO.BuildPath(folderspec, filename)
		path = uniqueFilename(path)
		SAVEIMG(path, id)
	ENDIF
NEXT

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   filename : 使えない文字を削除するファイル・フォルダ名 
// 【戻値】
//   ファイル名として使えない文字を削除した文字列 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION PathCleanupSpec(filename)
	DIM filenameErrChar[12] = "\", "/", ":", "*", "?", "", "", "", "", "|", "[", "]"
	FOR item IN filenameErrChar
		filename = REPLACE(filename, item, "")
	NEXT
	RESULT = filename
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   path : ファイルのパス 
// 【戻値】
//   重複しないファイル名 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION uniqueFilename(path)
	DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
	IFB FSO.FileExists(path) THEN
		DIM fol = FSO.GetParentFolderName(path)
		DIM filename = FSO.GetBaseName(path)
		DIM extension = FSO.GetExtensionName(path)
		DIM i = 2
		WHILE FSO.FileExists(FSO.BuildPath(fol, filename + " (" + i + ")." + extension))
			i = i + 1
		WEND
		RESULT = FSO.BuildPath(fol, filename + " (" + i + ")." + extension)
	ELSE
		RESULT = path
	ENDIF
FEND
  1. CREATEOLEOBJ
  2. FSO.FolderExists
  3. FSO.CreateFolder
  4. GETALLWIN
  5. STATUS
  6. PathCleanupSpec
  7. FSO.BuildPath
  8. uniqueFilename
  9. SAVEIMG

メモ帳に本文を入力し[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開いて保存する

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
DIM path = "D:\Desktop\sample.txt"
DIM folderspec = FSO.GetParentFolderName(path)
DIM filename = FSO.GetFileName(path)

EXEC("notepad")
DIM ID = GETID("メモ帳", "Notepad")
SENDSTR(ID, "内容", 0)
CLKITEM(ID, "ファイル\名前を付けて保存", CLK_MENU)

IFB FSO.FolderExists(folderspec) THEN
	DIM ID2 = GETID("名前を付けて保存", "#32770")

	CTRLWIN(ID2, ACTIVATE)
	SLEEP(0.500)

	SCKEY(ID2, VK_F4)
	SENDSTR(ID2, folderspec, 1, TRUE)
	SCKEY(ID2, VK_RETURN)
	SLEEP(0.500)

	SCKEY(ID2, VK_ALT, VK_N)
	SENDSTR(ID2, filename, 1, TRUE)
	SLEEP(0.500)

	CLKITEM(ID, "保存", ITM_BTN)
ELSE
	PRINT "フォルダが存在しません。"
ENDIF
  1. CREATEOLEOBJ
  2. FSO.GetParentFolderName
  3. FSO.GetFileName
  4. EXEC
  5. GETID
  6. SENDSTR
  7. CLKITEM
  8. FSO.FolderExists
  9. CTRLWIN
  10. SLEEP
  11. SCKEY
解説
  1. 1行目
    DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
    FileSystemObjectオブジェクトを生成。
  2. 2行目
    DIM path = "D:\Desktop\sample.txt"
    保存先のパスを指定。
  3. 3行目
    DIM folderspec = FSO.GetParentFolderName(path)
    パスからフォルダ部分を取得。
  4. 4行目
    DIM filename = FSO.GetFileName(path)
    パスからファイル名を取得。
  5. 6行目
    EXEC("notepad")
    メモ帳を起動。
  6. 7行目
    DIM ID = GETID("メモ帳", "Notepad")
    メモ帳のIDを取得。
  7. 8行目
    SENDSTR(ID, "内容", 0)
    メモ帳に文章を入力。
  8. 9行目
    CLKITEM(ID, "ファイル\名前を付けて保存", CLK_MENU)
    [名前を付けて保存]を実行。
  9. 11,27,29行目
    IFB FSO.FolderExists(folderspec) THEN
    	…
    ELSE
    	…
    ENDIF
    変数pathに指定したフォルダが存在したら12行目>>>、存在しなければ28行目>>>
  10. 12行目
    	DIM ID2 = GETID("名前を付けて保存", "#32770")
    [名前を付けて保存]ダイアログボックスのIDを取得。
  11. 14行目
    	CTRLWIN(ID2, ACTIVATE)
    [名前を付けて保存]ウインドウをアクティブ化する。
  12. 15行目
    	SLEEP(0.500)
    0.500秒待機する。
  13. 17行目
    	SCKEY(ID2, VK_F4)
    F4キーでアドレスバーを選択。
  14. 18行目
    	SENDSTR(ID2, folderspec, 1, TRUE)
    フォルダ名を入力。
  15. 19行目
    	SCKEY(ID2, VK_RETURN)
    Enterキーで確定・移動。
  16. 20行目
    	SLEEP(0.500)
    0.500秒待機する。
  17. 22行目
    	SCKEY(ID2, VK_ALT, VK_N)
    Alt+Nでファイル名を選択。
  18. 23行目
    	SENDSTR(ID2, filename, 1, TRUE)
    ファイル名を入力。
  19. 24行目
    	SLEEP(0.500)
    0.500秒待機する。
  20. 26行目
    	CLKITEM(ID, "保存", ITM_BTN)
    [保存]ボタンをクリックする。

指定したフォルダが存在するか

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
DIM FolderName = INPUT("フォルダ名を入力してください。")

IFB FSO.FolderExists(FolderName) THEN
	MSGBOX("「" + FolderName + "」フォルダは存在します。")
ELSE
	MSGBOX("「" + FolderName + "」フォルダは存在しません。")
ENDIF
  1. createoleobj
  2. input
  3. fso.folderexists
  4. msgbox