GetFile

指定したパスのFileオブジェクトを返します。

構文
File = FileSystemObject.GetFile( filespec )
引数
filespec
ファイルの絶対パスまたは相対パス
戻り値
Fileオブジェクト

プログラム実行例

ファイルの作成日時を取得(FSO)

DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
PRINT FSO.GetFile("D:\Desktop\Book1.xlsx").DateCreated
  1. CREATEOLEOBJ
  2. FSO.GetFile
  3. FSO.File.DateCreated
結果
2021/12/27 21:47:45

指定したファイルのサイズを取得

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
DIM path = Excel.GetOpenFilename()

IF path <> FALSE THEN
	DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
	DIM File = FSO.GetFile(path)
	WITH File
		PRINT "名前:" + .Name
		PRINT "パス:" + .Path
		PRINT "サイズ:" + ROUND(.Size / 1024) + "KB"
		PRINT "種類:" + .Type
	ENDWITH
ENDIF
  1. createoleobj
  2. excel.application.getopenfilename
  3. fso.getfile
  4. file.name
  5. file.path
  6. round
  7. file.size
  8. file.type
結果
名前:service.txt
パス:D:\Documents\service.txt
サイズ:44KB
種類:テキスト ドキュメント