IE.GoForwardゴーフォワード メソッド

本ページには広告が含まれています。

履歴リストの1つ後の項目に移動します。

履歴リストの1つ後の項目に移動するにはIE.GoForward メソッドを使います。

構文
InternetExplorer.GoForward
引数
戻り値

プログラム実行例

GoBackとGoForwardを使った例

UWSC
DIM IE = IEBoot()
IE.Navigate("http://www.google.com")
BusyWait(IE)

IE.Navigate("https://www.yahoo.co.jp")
BusyWait(IE)

IE.GoBack
BusyWait(IE)
SLEEP(5.000)

IE.GoForward
BusyWait(IE)
SLEEP(5.000)

IE.Quit
使用関数
解説

関連記事

IEGETFRAME関数 (スクリプト関数)
IESETDATA関数 (スクリプト関数)
IESETDATA関数は、Web上に値を設定する関数です。第一引数にInternetExplorerオブジェクト、第二引数に設定する値、第三引数に値を設定するエレメントのNameもしくはタグ名を記述します。
BusyWait関数 (自作関数)
IEオブジェクトの読み込みが完了するのを待ちます。
IE.ExecWB メソッド
コマンドを実行します。
IE.Refresh2 メソッド
指定されたリフレッシュレベルで現在表示されているファイルを再読み込みします。
IE.Stop メソッド
読込中のWebページやダウンロードのキャンセル、BGMやアニメーションの動的要素を停止します。
getIEObj関数 (自作関数)
引数に指定したタイトルまたはURLを含むIEオブジェクトを返します。戻り値はInternetExplorerオブジェクトです。
IE.Navigate メソッド
URLまたは絶対パスで指定されたファイルを開きます。
IE.Document プロパティ
ドキュメントオブジェクトを取得
IE.Left プロパティ