IE.ReadyStateレディーステイト プロパティ

本ページには広告が含まれています。

ドキュメントの読み込み状態を示すREADYSTATE 列挙の数値を返します。IE.ReadyState プロパティIE.ReadyState プロパティの違いは、Busyは親フレームの読み込みが完了した時点でFalseになるのに対して、ReadyStateは全フレームの読み込み完了後にREADYSTATE_COMPLETE(4)になります。Webページの読み込みが完全に完了するまで待機するにはIE.ReadyState プロパティと併用して使うのが一般的な方法です。

構文
  1. Integer = InternetExplorer.ReadyState
引数
戻り値

ドキュメントの読み込み状態を示すREADYSTATE 列挙

定数一覧

READYSTATE 列挙

名前説明
READYSTATE_UNINITIALIZED0デフォルト値。未完了状態。
READYSTATE_LOADING1IEオブジェクトのロード中状態。
READYSTATE_LOADED2IEオブジェクトのロード完了状態。ただし操作不可能状態。
READYSTATE_INTERACTIVE3IEオブジェクトの操作可能状態。
READYSTATE_COMPLETE4IEオブジェクトの全データ読み込み完了状態。
UWSC
CONST READYSTATE_UNINITIALIZED = 0
CONST READYSTATE_LOADING = 1
CONST READYSTATE_LOADED = 2
CONST READYSTATE_INTERACTIVE = 3
CONST READYSTATE_COMPLETE = 4

記述例

Webページの読み込みが完全に完了するまで待機

UWSC
REPEAT
	SLEEP(0.010)
UNTIL !IE.Busy AND IE.ReadyState = 4

Webページの読み込みが完全に完了するか指定時間経過するまで待機

ReadyStateの値が4にならないなどページの読み込みが終わらないと無限ループになるため、タイムアウト(以下は60秒)を設定しループを抜ける処理を加えたプログラム。

UWSC
DIM t = GETTIME()
REPEAT
	IF GETTIME() - t >= 60 THEN BREAK
	SLEEP(0.010)
UNTIL !IE.Busy AND IE.ReadyState = 4

関連記事

IEGETFRAME関数 (スクリプト関数)
IESETDATA関数 (スクリプト関数)
IESETDATA関数は、Web上に値を設定する関数です。第一引数にInternetExplorerオブジェクト、第二引数に設定する値、第三引数に値を設定するエレメントのNameもしくはタグ名を記述します。
BusyWait関数 (自作関数)
IEオブジェクトの読み込みが完了するのを待ちます。
IE.ExecWB メソッド
コマンドを実行します。
IE.GoForward メソッド
履歴リストの1つ後の項目に移動します。
IE.Refresh2 メソッド
指定されたリフレッシュレベルで現在表示されているファイルを再読み込みします。
IE.Stop メソッド
読込中のWebページやダウンロードのキャンセル、BGMやアニメーションの動的要素を停止します。
getIEObj関数 (自作関数)
引数に指定したタイトルまたはURLを含むIEオブジェクトを返します。戻り値はInternetExplorerオブジェクトです。
IE.Navigate メソッド
URLまたは絶対パスで指定されたファイルを開きます。
IE.Document プロパティ
ドキュメントオブジェクトを取得