Accountアカウント オブジェクト

本ページには広告が含まれています。

Account オブジェクト を返すメソッド・プロパティ

Accounts.Item メソッド
Indexで指定されたAccount オブジェクトを返します。

プログラム実行例

すべての電子メールアカウントを取得(Outlook)

Outlookに登録されているすべての電子メールアカウントの表示名を取得します。

UWSC
DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM Application = Outlook.Application
DIM NameSpace = Application.Session
DIM Accounts = NameSpace.Accounts

FOR Account IN Accounts
	PRINT Account.DisplayName
NEXT
結果
プレーンテキスト
*****@yahoo.co.jp
*****@ezweb.ne.jp
*****@gmail.com
使用関数

メソッド

<表示切り替え>

プロパティ

<表示切り替え>

参考文献

  1. アカウント オブジェクト (Outlook) | Microsoft Learn

関連記事

Accounts オブジェクト
現在のプロファイルで利用できるアカウントを表すAccountオブジェクトのセットが含まれています。
Application オブジェクト
Outlookアプリケーション全体を表します。
AppointmentItem オブジェクト
Folder オブジェクト
Folders オブジェクト
Items オブジェクト
MailItem オブジェクト
NameSpace オブジェクト
Outlookのメールや予定表、連絡先といった様々なデータにアクセスすることができます。
Recipient オブジェクト
TaskItem オブジェクト