AppointmentItemアポイントメントアイテム オブジェクト

本ページには広告が含まれています。

メソッド

<表示切り替え>

Save

プロパティ

<表示切り替え>

Body
予定の本文を取得または設定します。
ReminderMinutesBeforeStart
予定開始前にリマインダーが発生する時間を分単位で取得もしくは設定します。

AppointmentItem オブジェクト を返すメソッド・プロパティ

Outlook.AppointmentItem
Items オブジェクトからItemオブジェクトを返します。
Application.CreateItem メソッド
新しいOutlookのアイテムを表すオブジェクトを作成します。

プログラム実行例

予定データをExcelから読み込み追加する(Outlook)

[download "/example/625/予定一覧.xlsx"]
UWSC
CONST xlUp = -4162
CONST olAppointmentItem = 1

HASHTBL reminders
reminders["なし"] = -1;       reminders["0分"] = 0;       reminders["5分"] = 5
reminders["10分"] = 10;       reminders["15分"] = 15;     reminders["30分"] = 30
reminders["1時間"] = 60;      reminders["2時間"] = 120;   reminders["3時間"] = 180
reminders["4時間"] = 240;     reminders["5時間"] = 300;   reminders["6時間"] = 360
reminders["7時間"] = 420;     reminders["8時間"] = 480;   reminders["9時間"] = 540
reminders["10時間"] = 600;    reminders["11時間"] = 660;  reminders["0.5日"] = 720
reminders["18時間"] = 1080;   reminders["1日"] = 1440;    reminders["2日"] = 2880
reminders["3日"] = 4320;      reminders["4日"] = 5760;    reminders["1週"] = 10080
reminders["2週"] = 20160

DIM Excel = CREATEOLEOBJ("Excel.Application")
Excel.Visible = TRUE
DIM Workbook = Excel.Workbooks.Open("D:\Desktop\予定一覧.xlsx")

DIM MaxRow = Excel.Cells(Excel.Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

DIM Outlook = CREATEOLEOBJ("Outlook.Application")
DIM AppointmentItem = Outlook.CreateItem(olAppointmentItem)

FOR row = 2 TO MaxRow
	PRINT row
	WITH AppointmentItem
		.Subject = Excel.Cells(row, 2).Value        // 件名
		.Location = Excel.Cells(row, 3).Value       // 場所
		.Start = Excel.Cells(row, 4).Value          // 開始時刻
		.End = Excel.Cells(row, 5).Value            // 終了時刻
		IF Excel.Cells(row, 6).Value = "○" THEN .AllDayEvent = TRUE     // 終日
		IFB reminders[Excel.Cells(row, 7).Value] <> -1 THEN
			.ReminderSet = TRUE
			.ReminderMinutesBeforeStart = reminders[Excel.Cells(row, 7).Value]     // リマインダー
		ELSE
			.ReminderSet = FALSE
		ENDIF
		.BusyStatus = 1                             // 公開方法
		.Body = Excel.Cells(row, 8).Value           // 本文
		.Save
	ENDWITH
NEXT

MSGBOX((MaxRow - 1) + "件の予定を登録しました。")

Outlook.Quit
Excel.Quit

参考文献

  1. AppointmentItem オブジェクト (Outlook) | Microsoft Learn

関連記事

Account オブジェクト
Accountオブジェクトは、現在のプロファイルに定義されているアカウントを表します。
Accounts オブジェクト
現在のプロファイルで利用できるアカウントを表すAccountオブジェクトのセットが含まれています。
Application オブジェクト
Outlookアプリケーション全体を表します。
Folder オブジェクト
Folders オブジェクト
Items オブジェクト
MailItem オブジェクト
メールメッセージを表します。
NameSpace オブジェクト
Outlookのメールや予定表、連絡先といった様々なデータにアクセスすることができます。
Recipient オブジェクト
TaskItem オブジェクト