CopyHere

1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。

構文
Folder.CopyHere( vItem, vOptions )
引数
vItem (FolderItem(Shell)必須
ファイル名、FolderItemオブジェクト、またはFolderItemsオブジェクトを表す文字列
vOptions (Shfileopstruct省略可
コピー操作のオプション。0またはShfileopstruct構造体の値。
戻り値

Folder オブジェクトを返す可能性のあるメソッド・プロパティ

BrowseForFolder メソッド (Shell)
NameSpace メソッド (Shell)
FolderItem.GetFolder プロパティ (Shell)

定数一覧

Shfileopstruct 構造体の fFlags メンバー

名前説明
FOF_MULTIDESTFILES1
FOF_CONFIRMMOUSE2使用不可
FOF_SILENT4経過を表すダイアログボックスを表示しません。
FOF_RENAMEONCOLLISION8移動、コピー、名前の変更の操作において、指定したファイル名がすでに存在していた場合には、操作対象のファイルに新しい名前を付けます。「 - コピー」、「 - コピー (2)」のような連番。
FOF_NOCONFIRMATION16表示されるダイアログボックスで『はい』または『すべて』を選択するようにします。
FOF_WANTMAPPINGHANDLE32FOF_RENAMEONCOLLISION が指定されていて、同じファイル名が存在したために新しいファイル名がつけられた場合に、古い名前と新しい名前を含むマッピングオブジェクトのハンドルを hNameMappings
FOF_ALLOWUNDO64できる限りアンドゥ情報を保持するようにします。
FOF_FILESONLY128ワイルドカードファイル名(*.*)が指定された場合にのみ操作を実行します。
FOF_SIMPLEPROGRESS256経過を表すダイアログボックスにファイル名を表示しません。
FOF_NOCONFIRMMKDIR512新しいディレクトリを作成する必要がある場合に、作成するかどうかの確認をしません。
FOF_NOERRORUI1024エラーが発生した場合に、ユーザーインターフェースを表示しません。
FOF_NOCOPYSECURITYATTRIBS2048ファイルのセキュリティ属性がコピーされないようにします。
FOF_NORECURSION4096ローカルディレクトリのみに操作を行ないます。サブディレクトリに対して再帰的に操作を行ないません。
FOF_NO_CONNECTED_ELEMENTS8196グループとして接続されているファイルを移動しません。指定されたファイルのみを移動します。
FOF_WANTNUKEWARNING16384ごみ箱に入れるのではない削除操作の際にファイルが削除されるときに警告をします。
FOF_NORECURSEREPARSE32768リパースポイントをコンテナではなくオブジェクトとして扱います。
CONST FOF_MULTIDESTFILES = 1
CONST FOF_CONFIRMMOUSE = 2
CONST FOF_SILENT = 4
CONST FOF_RENAMEONCOLLISION = 8
CONST FOF_NOCONFIRMATION = 16
CONST FOF_WANTMAPPINGHANDLE = 32
CONST FOF_ALLOWUNDO = 64
CONST FOF_FILESONLY = 128
CONST FOF_SIMPLEPROGRESS = 256
CONST FOF_NOCONFIRMMKDIR = 512
CONST FOF_NOERRORUI = 1024
CONST FOF_NOCOPYSECURITYATTRIBS = 2048
CONST FOF_NORECURSION = 4096
CONST FOF_NO_CONNECTED_ELEMENTS = 8196
CONST FOF_WANTNUKEWARNING = 16384
CONST FOF_NORECURSEREPARSE = 32768

プログラム実行例

選択したファイルをコピーする

CONST ssfDRIVES = 17

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM source = Shell.BrowseForFolder(0, "コピー元フォルダを選択してください。", 0, ssfDRIVES)
IF source = NOTHING THEN EXIT

DIM Folder = Shell.BrowseForFolder(0, "コピー先フォルダを選択してください。", 0, ssfDRIVES)
IF Folder = NOTHING THEN EXIT

Folder.CopyHere(source)

MSGBOX(source.Self.Path + " を " + Folder.Self.Path + " に移動しました。")
  1. CREATEOLEOBJ
  2. BrowseForFolder メソッド
  3. Folder.CopyHere メソッド
  4. MSGBOX

関連記事

CopyFile (FileSystemObject)
CopyFileは、指定したファイルを別の場所にコピーする関数です。sourceに指定したファイルをdestinationに指定したパスにコピーします。sourceはワイルドカード文字を使うことができます。
DELETEFILE (スクリプト関数)
FCLOSE (スクリプト関数)
FDELLINE (スクリプト関数)
FGET (スクリプト関数)
FOPEN (スクリプト関数)
FPUT (スクリプト関数)
ShellExecute メソッド (Shell)
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
DeleteFile (FileSystemObject)
DeleteFileメソッドは、指定した 1 つ以上のファイルを削除します。filespecに削除するファイルの名前を指定します。filespecにはワイルドカードを使用することができます。
File.DateCreated (FileSystemObject)
指定ファイルの作成日時を返します。
getFileList
サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。
CopyFolder (FileSystemObject)
CopyFolderメソッドは、指定したフォルダを別の場所にコピーします。sourceに指定したファイルをdestinationに指定したパスにコピーします。sourceはワイルドカード文字を使うことができます。
Sheets.Copy メソッド (Excel)