ShellExecute

タグ:
構文
Shell.ShellExecute( sFile, vArguments, vDirectory, vOperation, vShow )
引数
sFile必須
ファイル名
vArguments省略可
パラメータ値を含む文字列
vDirectory省略可
sFileで指定されたファイルを含むディレクトリの完全修飾パス。このパラメータが指定されていない場合は、現在の作業ディレクトリが使用されます。
vOperation省略可
ファイルでサポートされている動詞文字列(open等)の1つに設定されます。このパラメータを指定しないと、デフォルトの操作が実行されます。
vShow省略可
戻り値

関連記事

DELETEFILE (スクリプト関数)
テキストファイルを削除します。
FCLOSE (スクリプト関数)
テキストファイルを閉じます。
FDELLINE (スクリプト関数)
テキストファイルの指定行を削除します。
FGET (スクリプト関数)
テキストファイルの読み込みを行います。
FOPEN (スクリプト関数)
テキストファイルを開き、ファイルIDを取得します。
FPUT (スクリプト関数)
テキストファイルの書き込みを行います。
Folder.CopyHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダに移動します。
FileSystemObject.CopyFile
指定したファイルを別の場所にコピーします。
FileSystemObject.DeleteFile
指定したファイルを削除します。
File.DateCreated (FileSystemObject)
指定したファイルが作成された日付と時刻を返します。
getFileList (自作関数)
サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。