ShellWindows.Item メソッド

Shellウィンドウを表すInternetExplorer オブジェクトを取得します。

構文
  1. InternetExplorer = ShellWindows.Item( [iIndex] )
引数
戻り値
InternetExplorer オブジェクト

ShellWindows オブジェクトを返すメソッド・プロパティ

Shell.Windows メソッド
Shell.Itemを作成して返します。

プログラム実行例

起動しているInternet Explorerの数を出力

UWSC
DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM cnt = 0

FOR n = 0 TO Shell.Windows.Count - 1
	IF Shell.Windows.Item(n).Name = "Internet Explorer" THEN cnt = cnt + 1
NEXT
 
PRINT cnt
    (1) (4) (5) (6) (6)
  1. IE.Name(6)