Windows

構文
  1. ShellWindows = Shell.Windows( )
引数
戻り値
Shell.ShellWindows オブジェクトを作成して返します。このオブジェクトは、シェルに属するすべての開いているウィンドウのコレクションを表します。