ChooseColorA

本ページには広告が含まれています。

カラー選択ダイアログを表示します。

構文(VBA)
Declare Function ChooseColor Lib "comdlg32" Alias "ChooseColorA" (lpcc As CHOOSECOLOR_TYPE) As Long
構文(UWSC)
DEF_DLL ChooseColorA({dword, hwnd, hwnd, dword, dword[], dword, dword, dword, dword}): bool: Comdlg32.dll
引数
lStructSize
構造体のサイズ
hwndOwner()
ダイアログボックスを所有するウィンドウのハンドル
hInstance()
使用するダイアログテンプレートを含むメモリオブジェクトへのハンドル
rgbResult()
ダイアログボックスの初期表示で選択する色
lpCustColors()
16個の基本色が格納されているバッファへのポインタ
flags()
ダイアログボックスの初期化フラグ
lCustData()
lpfnHookメンバが示すフックプロシージャへ渡すデータ
lpfnHook()
フックプロシージャへのポインタ
lpTemplateName()
hInstanceメンバが示すモジュール内にあるダイアログテンプレート
戻り値

プログラム実行例

カラー選択ダイアログを表示

UWSC
DEF_DLL ChooseColorA({dword, hwnd, hwnd, dword, dword[], dword, dword, dword, dword}): bool: Comdlg32.dll

CONST CC_RGBINIT = $1
CONST CC_FULLOPEN = $2
CONST CC_ANYCOLOR = $100

DIM h = 0
DIM color = 0

DIM lpCustColors[15] = 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0
DIM flag = CC_ANYCOLOR OR CC_FULLOPEN OR CC_RGBINIT

IFB ChooseColorA(36, h, 0, color, lpCustColors, flag, 0, 0, 0) THEN
	PRINT "赤:" + color AND $FF
	PRINT "緑:" + (color AND $FF00) / $100
	PRINT "青:" + (color AND $Ff0000) / $10000
ENDIF
結果
プレーンテキスト
赤:255
緑:0
青:0
使用関数

関連記事

INPUT関数 (スクリプト関数)
インプットボックスを表示します。
MSGBOX関数 (スクリプト関数)
メッセージボックスを表示します。