HNDTOID

タグ: ,

引数に指定したハンドル値をIDに変換して返します。

IDをハンドル値に変換するには、IDTOHND関数を利用します。

構文
  1. Integer = HNDTOID( ハンドル )
引数
ハンドル
ハンドル
戻り値
ID

プログラム実行例

最前面にあるウィンドウのタイトルを吹き出しに表示

DEF_DLL GetForegroundWindow(): long: user32.dll

WHILE TRUE
	FUKIDASI(STATUS(HNDTOID(GetForegroundWindow()), ST_TITLE))
	SLEEP(0.001)
WEND
  1. user32.GetForegroundWindow
  2. FUKIDASI
  3. STATUS
  4. HNDTOID
  5. SLEEP

関連記事

GETCTLHND (スクリプト関数)
ボタン等、オブジェクトのハンドルを取得します。
IDTOHND (スクリプト関数)
引数に指定したIDをハンドル値に変換して返します。ハンドル値をIDに変換するにはHNDTOID関数を使います。
ACW (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウの位置・サイズを変更します。IDのみを指定した場合、そのウィンドウをアクティブにします。
CHKBTN (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウにあるチェックボックス・ラジオボタンがチェックされているかを返します。
CLKITEM (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウのアイテムをクリックします。アイテムに指定できるものにはボタン・チェックボックス・ラジオボタン・リストボックス・コンボボックス・タブコントロール・メニュー・ツリービュー・リストビュー・ツールバー・リンクがあります。
CTRLWIN (スクリプト関数)
ウィンドウの状態を操作します。ウィンドウを終了、アクティブ化、表示・非表示、最大化・最小化などができます。
GETALLWIN (スクリプト関数)
全ウィンドウのIDを取得します。
GETID (スクリプト関数)
指定したウィンドウのIDを取得します。第一引数に取得したいウィンドウのタイトル(一部でも可)を指定します。UWSCでウィンドウを操作するのによく使う関数です。
GETITEM (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウのキャプション文字やリストなどを取得すします。取得した情報は配列変数のALL_ITEM_LIST[ ]に格納されます。戻値は取得した数でInteger型です。
GETSLIDER (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を取得します。
GETSTR (スクリプト関数)
引数に指定したIDのウィンドウの文字列を取得します。取得した文字列を返します。
MOUSEORG (スクリプト関数)
マウス座標を相対座標にする、 またはマウスとキー情報を直接ウィンドウへ送ります。
SCKEY (スクリプト関数)
ショートカットキーを実行します。
SENDSTR (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウに文字列を送信します。キー入力をする場合はKBD関数を使います。
SETSLIDER (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を設定します。
STATUS (スクリプト関数)
ウィンドウの各種状態を取得します。タイトル・クラス名・X座標・Y座標・幅・高さなどを取得することができます。