JOINジョイン関数

本ページには広告が含まれています。

引数に指定した配列を結合し文字列を返します。

文字列を区切り配列にするには、SPLIT関数を使います。

構文
  1. UString = JOIN( 配列変数, 区切文字列, 空文字処理フラグ, 開始, 終了 )
引数
配列変数 (Array)必須
配列変数名
区切文字列 (String = スペース)省略可
結合に使用する区切文字列(省略時はスペース)
空文字処理フラグ (Boolean = False)省略可
FALSE
空文字も有効 (デフォルト)
TRUE
空文字は無効として処理しない
開始, 終了 (Integer)省略可
結合する配列の開始位置、終了位置の添え字を指定
戻り値
作成された文字列 

プログラム実行例

素因数分解する

616を素因数分解し、その結果を出力します。

UWSC
DIM num = 616
DIM arr = primeFactorization(num)
PRINT num + "=" + JOIN(arr, "×")		// 配列の中身を「×」で結合
結果
プレーンテキスト
616=2×2×2×7×11
使用関数

POSTデータを送信して指定したURLを開く

UWSC
HASHTBL data
// 送信するデータを「data[名前] = 値」の形式で指定
data["mail"] = "info@example.com"
data["address"] = "北海道"

DIM arr[LENGTH(data) - 1]
FOR n = 0 TO LENGTH(data) - 1
	// 連想配列の中身を「名前=値」の形式に変換
	arr[n] = arr[n] + data[n, HASH_KEY] + "=" + ENCODE(ENCODE(data[n, HASH_VAL], CODE_UTF8), CODE_URL)
NEXT
// 配列の中身を「&」で結合
DIM PostData = JOIN(arr, "&")

// データをエンコード
PostData = ENCODE(PostData, CODE_BYTEARRAY)
// PostDataを渡すときは必ず指定
DIM Headers = "Content-Type: application/x-www-form-urlencoded"
DIM IE = CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")
IE.Visible = TRUE
IE.Navigate("http://example.com", , , PostData, Headers)
BusyWait(IE)
SLEEP(5.000)
IE.Quit

デスクトップにChromeのショートカットを作成

デスクトップにGoogle Chromeで[createLink url="https://google.co.jp" title="https://google.co.jp"]をシークレットモードで起動するショートカットを作成します。

UWSC
CONST ssfDesktop = 0

DIM Shell = CREATEOLEOBJ("Shell.Application")
DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell")

DIM Folder2 = Shell.NameSpace(ssfDesktop)
DIM path = Folder2.Self.Path + "\Chrome.lnk"
DIM WshShortcut = WshShell.CreateShortcut(path)

WITH WshShortcut
	DIM chromePath = "C:\Program Files (x86)\Google\Chrome\Application\chrome.exe"
	.Description = "Chromeをシークレットモードで起動します。"
	.Hotkey = "Ctrl+Shift+C"
	.IconLocation = chromePath + ",7"
	.TargetPath = chromePath
	.WindowStyle = 3
	.Save
ENDWITH

Folder = Shell.NameSpace(FSO.GetParentFolderName(path))
DIM FolderItem = Folder.ParseName(FSO.GetFileName(path))
DIM ShellLinkObject = FolderItem.Getlink()
DIM Args[] = "--incognito", "https://google.co.jp"

WITH ShellLinkObject
	.Arguments = JOIN(Args)
	.Save
ENDWITH
結果
Chromeのプロパティ.png
使用関数
解説

関連記事

CALCARRAY関数 (スクリプト関数)
配列の合計値・最小値・最大値・平均値を求めます。
GETALLWIN関数 (スクリプト関数)
全ウィンドウのIDを取得します。
GETOLEITEM関数 (スクリプト関数)
SETCLEAR関数 (スクリプト関数)
配列のすべての要素を任意の値で埋めます。
SHIFTARRAY関数 (スクリプト関数)
配列を指定した値だけシフトします。プラス値で後方、マイナス値で前方にシフトします。
連想配列
連想配列とは、自動的に割り当てられる数字をキーとして持つかわりに、自由に任意の文字列を割り振ることができる配列のことです。添え字に番号の変わりに名前をつけることでわかりやすく管理することができます。
divisors関数 (自作関数)
引数に指定した数値の約数のリストを返します。
Collatz関数 (自作関数)
コラッツ数列 を求め結果を配列で返します。
LENGTH関数 (スクリプト関数)
POPUPMENU関数 (スクリプト関数)
ポップアップメニューを表示し、引数に指定した配列の中から選択された項目の要素番号を取得します。選択された項目を取得したい場合は、POPUPMENUの戻値を引数に指定した配列の要素番号として指定します。