LOGNログエヌ関数

本ページには広告が含まれています。

Baseを底とするXの対数(常用対数)を求めます。ネイピア数\(e\)を底とする場合は、LN関数を使います。

構文
  1. Double = LOGN( Base, X )
引数
Base (Integer)必須
X (Integer)必須
対数
戻り値

使い方

\(\log_2 {8}\)を求める。

UWSC
PRINT LOGN(2, 8)
結果
プレーンテキスト
3

関連記事

ABS関数 (スクリプト関数)
引数の絶対値を求めます。
ARCCOS関数 (スクリプト関数)
引数の逆余弦を求めます。
CEIL関数 (スクリプト関数)
正の方向へ切り上げた数値を返します。
LN関数 (スクリプト関数)
自然対数を求めます。
ZCUT関数 (スクリプト関数)
マイナス値を0にして返します。プラス値はそのままの値を返します。
isOdd関数 (自作関数)
奇数かどうか調べます。
radToDeg関数 (自作関数)
弧度法(Radian)を度数法(Degree)に変換します。度数法を弧度法に変換するにはDegToRad関数を使います。
degToRad関数 (自作関数)
度数法(Degree)を弧度法(Radian)に変換します。弧度法を度数法に変換するにはRadToDeg関数を使います。
binToDec関数 (自作関数)
2進数を10進数に変換します。10進数を2進数に変換するにはdecToBin関数を使います。
ARCSIN関数 (スクリプト関数)
引数の逆正弦を求めます。