MUSCUR関数

本ページには広告が含まれています。

マウスカーソル種別を返します。

構文
  1. Integer = MUSCUR( )
引数
戻り値
CUR_APPSTARTING (1)
aero_working.ani砂時計付き矢印カーソル
CUR_ARROW (2)
aero_arrow.cur標準矢印カーソル
CUR_CROSS (3)
cross_r.cur十字カーソル
CUR_HAND (4)
aero_link.curハンドカーソル(Windows2000以降)
CUR_HELP (5)
aero_helpsel.curクエスチョンマーク付き矢印カーソル
CUR_IBEAM (6)
beam_r.curアイビーム(縦線)カーソル
CUR_NO (8)
aero_unavail.cur禁止カーソル
CUR_SIZEALL (10)
aero_move.cur4方向矢印カーソル
CUR_SIZENESW (11)
aero_nesw.cur斜め左下がりの両方向矢印カーソル
CUR_SIZENS (12)
aero_ns.cur上下両方向矢印カーソル
CUR_SIZENWSE (13)
aero_nwse.cur斜め右下がりの両方向矢印カーソル
CUR_SIZEWE (14)
aero_ew.cur左右両方向矢印カーソル
CUR_UPARROW (15)
aero_up.cur垂直の矢印カーソル
CUR_WAIT (16)
aero_busy.ani砂時計カーソル

ユーザー定義カーソルはハンドル値をマイナスにして返す(起動毎に変化)

カーソルの種類

種類 意味
砂時計付き矢印カーソル バックグラウンドで作業中
標準矢印カーソル 通常の選択
十字カーソル
ハンドカーソル(Windows2000以降) リンク選択
クエスチョンマーク付き矢印カーソル ヘルプの選択
アイビーム(縦線)カーソル テキスト選択
禁止カーソル 利用不可
4方向矢印カーソル 移動
斜め左下がりの両方向矢印カーソル 斜めに拡大/縮小
上下両方向矢印カーソル 上下に拡大/縮小
斜め右下がりの両方向矢印カーソル 斜めに拡大/縮小
左右両方向矢印カーソル 左右に拡大/縮小
垂直の矢印カーソル
砂時計カーソル 待ち状態
-->

プログラム実行例

マウスカーソルの種類を表示

UWSC
HASHTBL cursor

cursor[CUR_APPSTARTING] = "砂時計付き矢印カーソル"
cursor[CUR_ARROW] = "標準矢印カーソル"
cursor[CUR_CROSS] = "十字カーソル"
cursor[CUR_HAND] = "ハンドカーソル(Windows2000以降)"
cursor[CUR_HELP] = "クエスチョンマーク付き矢印カーソル"
cursor[CUR_IBEAM] = "アイビーム(縦線)カーソル"
cursor[CUR_NO] = "禁止カーソル"
cursor[CUR_SIZEALL] = "4方向矢印カーソル"
cursor[CUR_SIZENESW] = "斜め左下がりの両方向矢印カーソル"
cursor[CUR_SIZENS] = "上下両方向矢印カーソル"
cursor[CUR_SIZENWSE] = "斜め右下がりの両方向矢印カーソル"
cursor[CUR_SIZEWE] = "左右両方向矢印カーソル"
cursor[CUR_UPARROW] = "垂直の矢印カーソル"
cursor[CUR_WAIT] = "砂時計カーソル"

SETHOTKEY(VK_ESC, EMPTYPARAM, "forceQuit")

WHILE TRUE
	FUKIDASI(cursor[MUSCUR()])
	SLEEP(0.001)
WEND

関連記事

GETKEYSTATE関数 (スクリプト関数)
GETKEYSTATE関数は、キークリック・マウスクリック・トグルキー情報を取得する関数です。引数に指定したキーコードに対応するキーのクリックがあった場合はTRUE、なかった場合はFALSEを返します。
LOCKHARDEX関数 (スクリプト関数)
MMV関数 (スクリプト関数)
マウスカーソルを指定した座標に移動します。
MOUSEORG関数 (スクリプト関数)
マウス座標を相対座標にする、 またはマウスとキー情報を直接ウィンドウへ送ります。