SAFEARRAY

指定したサイズの配列を生成します。FUNCTION-FENDで二次元配列を戻り値として返す場合に使います。

一次元配列を生成する場合はSLICEを使います。

構文
  1. safearray = SAFEARRAY( 下限, 上限, 二次元下限, 二次元上限 )
引数
下限必須
配列の下限を設定
上限必須
配列の上限を設定
二次元下限省略可
二次元配列の下限を設定
二次元上限省略可
二次元配列の上限を設定
戻り値
作成されたSAFEARRAY型を返す

プログラム実行例

サイズ0の配列を作成

UWSC
DIM arr
arr = SAFEARRAY(0, -1)

PRINT "下限︰" + LBound(arr)
PRINT "上限︰" + UBound(arr)

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   array : 下限値を求める配列 
// 【戻値】
//   配列の下限値 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION LBound(arr[])
	RESULT = UBound(arr) - LENGTH(arr) + 1
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   array : 上限値を求める配列 
// 【戻値】
//   配列の上限値 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION UBound(array[])
	RESULT = RESIZE(array)
FEND
    (2)
結果
プレーンテキスト
下限︰0
上限︰-1

一次元配列を生成

UWSC
DIM arr
arr = SAFEARRAY(3, 6)

arr[3] = 40
arr[4] = 974
arr[5] = 747
arr[6] = 354

FOR item IN arr
	PRINT item
NEXT
    (2)
  1. PRINT(10)
結果
プレーンテキスト
40
974
747
354