SETCLEARセットクリア関数

本ページには広告が含まれています。

配列のすべての要素を任意の値で埋めます。

構文
  1. void = SETCLEAR( var 配列変数, 値 )
引数
配列変数 (Array)必須
配列変数名
値 (String = EMPTY)省略可
埋める値(デフォルトはEMPTY
戻り値

プログラム実行例

CPU使用率を取得する

CPU使用率を1秒毎に取得し、直近100回分の値の最大値・最小値・平均値を吹き出しに表示する。

UWSC
DIM array[100]
SETCLEAR(array, CPUUSERATE())

DIM i = 1
WHILE TRUE
	SHIFTARRAY(array, 1)
	array[0] = CPUUSERATE()
	FUKIDASI("現在<#TAB>" + CPUUSERATE() + "%<#CR>" + _
				"最大値<#TAB>" + CALCARRAY(array, CALC_MAX) + "%<#CR>" + _
				"最小値<#TAB>" + CALCARRAY(array, CALC_MIN) + "%<#CR>" + _
				"平均値<#TAB>" + ROUND(CALCARRAY(array, CALC_AVR), -2) + "%")
	i = i + 1
	SLEEP(1.000)
WEND
使用関数

関連記事

CALCARRAY関数 (スクリプト関数)
配列の合計値・最小値・最大値・平均値を求めます。
GETALLWIN関数 (スクリプト関数)
全ウィンドウのIDを取得します。
GETOLEITEM関数 (スクリプト関数)
JOIN関数 (スクリプト関数)
引数に指定した配列を結合し文字列を返します。
SHIFTARRAY関数 (スクリプト関数)
配列を指定した値だけシフトします。プラス値で後方、マイナス値で前方にシフトします。
連想配列
連想配列とは、自動的に割り当てられる数字をキーとして持つかわりに、自由に任意の文字列を割り振ることができる配列のことです。添え字に番号の変わりに名前をつけることでわかりやすく管理することができます。
divisors (自作関数)
引数に指定した数値の約数をリストを配列で返します。
Collatz (自作関数)
コラッツ数列を求め結果を配列で返します。
LENGTH関数 (スクリプト関数)
POPUPMENU関数 (スクリプト関数)
ポップアップメニューを表示し、引数に指定した配列の中から選択された項目の要素番号を取得します。選択された項目を取得したい場合は、POPUPMENUの戻値を引数に指定した配列の要素番号として指定します。