SLEEPスリープ関数

本ページには広告が含まれています。

Contents

引数に指定した時間(秒)だけ処理を待機します。

構文
  1. void = SLEEP( 秒 )
引数
秒 (Single)必須
スリープする秒数(最小=0.001)
戻り値

使い方

引数に時間を秒単位で指定します。

以下は1秒待機する例。

UWSC
SLEEP(1)

分単位で指定する場合は分×60、時間単位で指定する場合は時間×3600というように秒単位に直します。

15分、3時間待機する場合は以下のようになります。

UWSC
SLEEP(15 * 60)     // 15分(=900秒)
SLEEP(3 * 3600)    // 3時間(=10800秒)

計算方法がわからないという方はconvert (自作関数)を使ってください。

UWSC
SLEEP(convert(15, "mn", "sec"))   // 15分を秒単位に変換
SLEEP(convert(3, "hr", "sec"))    // 3時間を秒単位に変換

10分30秒のように複数の時間単位を含む場合は、秒単位に揃えてから加算します。

UWSC
SLEEP(10 * 60 + 30)
SLEEP(convert(10, "mn", "sec") + 30)

計算した結果を指定しても問題ありません。

UWSC
SLEEP(630)   // 10分30秒(=10*60+30)

カウントダウンタイマー

以下は残り待機時間を吹き出しで表示する関数です。SLEEP関数と同じように引数に待機する時間を秒単位で指定します。小数で指定した場合切り捨てられます。経過時間を計測するのではなく、まず終了日時を計算するので、誤差は1秒未満だと思われます。

UWSC
PROCEDURE countDownTimer(sec)
	DIM endTime = GETTIME() + INT(sec)
	REPEAT
		DIM t = endTime - GETTIME()
		FUKIDASI(t)
		SLEEP(0.001)
	UNTIL t <=  0
	FUKIDASI()
FEND

以下は3秒待機する例。

UWSC
countDownTimer(3)

カウントダウンタイマーを実行しながら処理を進めるにはスレッドを使います。

UWSC
THREAD countDownTimer(10)

ランダムな時間待機

RANDOM関数を使うことで待機時間に幅を持たせることができます。

ランダム値を取得する詳しい方法は、RANDOM関数を参考にしてください。

以下は5±2秒(3以上7未満)待機する例。

UWSC
SLEEP(3 + RANDOM(5)) // 7 - 3 + 1 = 5

プログラム実行例

画像をクリップボードにコピーする

Alt+Sでマウスカーソル下のオブジェクトのスクリーンショット画像をクリップボードにコピーします。

UWSC
使用関数
解説

コントロールパネルを起動する

UWSC
使用関数
解説

アイドル時間を取得

最後にキーボードまたはマウスを操作してから経過した時間をミリ秒で取得します。

UWSC
使用関数

PowerPointを起動する(Excel)

UWSC
使用関数
解説

Outlookを起動する(Excel)

UWSC
使用関数
解説

マウスカーソル下のウィンドウの情報を吹き出しに表示

UWSC
使用関数

処理を5秒間待機します

UWSC
使用関数

メモ帳に本文を入力し[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開いて保存する

UWSC
使用関数
解説

特定のキーを連打する

UWSC
使用関数

Internet Explorerで開いたページを印刷

ExecWBの第1引数にOLECMDID_PRINTを指定すると、[ファイル]メニューの[印刷]を実行するのと同じ動作をします。

またExecWBの第2引数にOLECMDEXECOPT_DONTPROMPTUSERを指定しているので、ユーザーの入力を促すことなく印刷が始まります。このプログラムを実行する際は注意してください。

UWSC
使用関数
解説

Internet Explorerで指定したURLを開きます

UWSC
使用関数

指定したURLを新しいタブで開く

UWSC
使用関数

POSTデータを送信して指定したURLを開く

UWSC
使用関数

テキストファイルを行毎に読み上げる

UWSC
使用関数

マウスの移動範囲を制限する

UWSC
使用関数

現在のカーソル位置を吹き出しに表示

UWSC
使用関数

GoBackとGoForwardを使った例

UWSC
使用関数
解説

プログラム実行時からの経過時間を表示(ESCで終了)

UWSC
使用関数

メールの受信を検知(Outlook)

メールを受信したら日時を出力する。日時はメールの受信日時ではなくOutlookが受信を検知した日時。

UWSC
使用関数

ワークブックの数と名前を取得

UWSC
結果
プレーンテキスト
ブック数:3
-----
ブック名:Book1
ブック名:Book2
ブック名:Book3
使用関数

Wordを起動する(Excel)

UWSC
使用関数
解説

アクティブセルに文字列を入力する

UWSC
使用関数

ファイルを開いているプロセスを調べる

UWSC
使用関数
解説

電卓で計算をする

UWSC
使用関数
解説

音声認識でアプリを操作

UWSC
使用関数
解説

キーボードからの入力を1文字ずつずらす

キーからのABBC、…、ZAのように1文字後ろにずらします。

UWSC
使用関数

今年何%経過したか

UWSC
使用関数

マウス位置の色を取得

マウス位置の色情報を取得します。

UWSC
使用関数
解説

Google Chromeで検索(WebDriver)

Google Chromeでhttps://google.comを開き、検索ボックスにUWSCと入力し、検索ボタンをクリックします。

UWSC
使用関数
解説

キャレット(カーソル)位置を取得

UWSC
使用関数

最前面にあるウィンドウのタイトルを吹き出しに表示

UWSC
使用関数

ウィンドウのタイトルバーを点滅させる

UWSC
使用関数

CLKITEMで操作できる項目を取得

UWSC
使用関数
解説