STOPFORMストップフォーム関数

STOPFORM関数は、UWSCのスクリプト実行中に出るSTOPボタンの表示/非表示を制御する関数です。

PRINT文により出るログウィンドウを操作するにはLOGPRINT関数を使います。

構文
  1. void = STOPFORM( 表示フラグ, x, y )
引数
表示フラグ (Boolean = False)省略可
TRUE
表示
FALSE
非表示
x, y (Integer)省略可
表示位置
戻り値

使い方

STOPボタンを表示

スクリプト実行中にスクリプトを停止できる"STOPボタン"を表示します。UWSファイルのスクリプトを実行しているときのみ表示され、終了と同時にボタンも消えます。UWSC Debuggerでスクリプトを実行したときには表示されません。

UWSC
STOPFORM(TRUE)
結果

STOPボタンを非表示

"STOPボタン"を表示しません。使い方に設定したホットキーの"停止"に設定したキーで停止することができます。

UWSC
STOPFORM(FALSE)

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
ご協力ありがとうございます。

関連記事

CREATEFORM関数 (スクリプト関数)
フォーム画面を生成する。
GETFORMDATA関数 (スクリプト関数)
SETFORMDATA関数 (スクリプト関数)
フォームに値を設定する。