タグ:internet-explorer

タグに「internet-explorer」を含む記事が609件見つかりました。

ELSE節
THEN節
UNIX時間
10進数
JSONジェイソン関数 (自作関数)
versionCompareバージョンコンペアー関数 (自作関数)
substrReplaceサブストリングリプレイス関数 (自作関数)
ご支援について
fixedフィックスト関数 (自作関数)
WebElementsウェブエレメンツ オブジェクト
Zipジップ関数 (自作関数)
UnZipアンジップ関数 (自作関数)
WebElementウェブエレメント オブジェクト
WshEnvironmentダブリューエスエイチエンバイロメント オブジェクト
INIイニ関数 (自作関数)
PowerShellパワーシェル関数 (自作関数)
PageSetup.BlackAndWhiteブラックアンドホワイト プロパティ (Excel)
PageSetup.CenterFooterセンターフッター プロパティ (Excel)
PageSetup.CenterHeaderセンターヘッダー プロパティ (Excel)
PageSetup.LeftFooterレフトフッター プロパティ (Excel)
PageSetup.LeftHeaderレフトヘッダー プロパティ (Excel)
PageSetup.LeftMarginレフトマージン プロパティ (Excel)
PageSetup.RightFooterライトフッター プロパティ (Excel)
PageSetup.RightMarginライトマージン プロパティ (Excel)
詳細検索
Name.Deleteデリート メソッド (Excel)
Names.Creatorクリエイター プロパティ (Excel)
WshURLShortcutダブリューエスエイチユーアールエルショートカット オブジェクト
WshShortcutダブリューエスエイチショートカット オブジェクト
Attrアトリビュート.valueバリュー プロパティ (DOM)
Attrアトリビュート オブジェクト (DOM)
Nodeノード.childNodesチャイルドノーズ プロパティ (DOM)
Nodeノード オブジェクト (DOM)
Elementエレメント.appendアペンド メソッド (DOM)
Elementエレメント.beforeビフォー メソッド (DOM)
Elementエレメント.closestクロウセスト メソッド (DOM)
Elementエレメント.insertAdjacentHTMLインサートアジェイセントエイチティエムエル メソッド (DOM)
Elementエレメント.prependプリペンド メソッド (DOM)
arrayRandアレイランド関数 (自作関数)
一次元配列から一つの値をランダムに取得します。
Babigoバビゴ関数 (自作関数)
bitOrビットオア関数 (自作関数)
bitXorビットエックスオア関数 (自作関数)
bitAndビットアンド関数 (自作関数)
arrayRotateアレイローテート関数 (自作関数)
strPadストリングパッド関数 (自作関数)
isAssociativeイズアソシエイティブ関数 (自作関数)
isArrayイズアレイ関数 (自作関数)
isFloatイズフロート関数 (自作関数)
Filesファイルズ オブジェクト
isEmptyイズエンプティ関数 (自作関数)
isObjectイズオブジェクト関数 (自作関数)
isStringイズストリング関数 (自作関数)
Folder2フォルダーツー オブジェクト
Folder2.HaveToShowWebViewBarricadeハブトゥーショーウェブビューバリケード プロパティ (Shell)
Folder2.Selfセルフ プロパティ (Shell)
WebDriverウェブドライバー オブジェクト
WebDriverDownloadウェブドライバーダウンロード関数 (自作関数)
WebDriver.AddArgumentアドアーギュメント メソッド (Selenium)
WebDriver.AddExtensionアドエクステンション メソッド (Selenium)
WebDriver.Closeクローズ メソッド (Selenium)
WebDriver.FindElementByCssファインドエレメントバイシーエスエス メソッド (Selenium)
WebDriver.FindElementByTagファインドエレメントバイタグ メソッド (Selenium)
WebDriver.FindElementsByTagファインドエレメンツバイタグ メソッド (Selenium)
WebDriver.Getゲット メソッド (Selenium)
WebDriver.GoBackゴーバック メソッド (Selenium)
WebDriver.Quitクイット メソッド (Selenium)
WebDriver.Startスタート メソッド (Selenium)
WebDriver.BaseUrlベースユーアールエル プロパティ (Selenium)
Romajiローマジ関数 (自作関数)
Seleniumセレニウム オブジェクト
Worksheets.Addアド メソッド (Excel)
Worksheets.Selectセレクト メソッド (Excel)
Worksheets.Creatorクリエイター プロパティ (Excel)
dateSerialデイトシリアル関数 (自作関数)
引数に指定した年、月、日の日付が表すシリアル値を返します。
arrayIntersectアレイインターセクト関数 (自作関数)
arrayUnshiftアレイアンシフト関数 (自作関数)
FolderItemVerb.Nameネーム プロパティ (Shell)
Font.Boldボールド プロパティ (Excel)
セルに太字を設定または取得します。
Font.FontStyleフォントスタイル プロパティ (Excel)
Font.Nameネーム プロパティ (Excel)
フォント名を取得または設定します。
Font.Superscriptスーパースクリプト プロパティ (Excel)
上付き文字を設定または取得します。
お問い合わせ
免責事項
プライバシーポリシー
elementオブジェクト
driverオブジェクト
WebDriverOptionオブジェクト
WebDriverDownloadモジュール
JSモジュール
Byモジュール
WebDriverモジュール
divisionディビジョン関数 (自作関数)
dividendをdivisorで割った値を返します。循環小数は[ ]で囲われます。例えば計算結果が「0.333…」のときは「0.[3]」、「0.125125125…」のときは「0.[125]」のように返します。
smallスモール関数 (自作関数)
配列の中で小さい方から数えた順位の値を求めます。
Range.Bordersボーダーズ プロパティ (Excel)
セルの罫線を表します。
Range.Commentコメント プロパティ (Excel)
Range.Countカウント プロパティ (Excel)
コレクションに含まれるオブジェクトの数を返します。
Range.NumberFormatLocalナンバーフォーマットローカル プロパティ (Excel)
Range.Orientationオリエンテーション プロパティ (Excel)
Workbook.Creatorクリエイター プロパティ (Excel)
Worksheet.Rangeレンジ プロパティ (Excel)
Borders.Applicationアプリケーション プロパティ (Excel)
Sort.Headerヘッダー プロパティ (Excel)
Sheets.Deleteデリート メソッド (Excel)
シートを削除します。
Sheets.Itemアイテム プロパティ (Excel)
ShellLinkObject.Hotkeyホットキー プロパティ (Shell)
ShellLinkObject.Pathパス プロパティ (Shell)
ShellLinkObject.WorkingDirectoryワーキングディレクトリー プロパティ (Shell)
IsZoomed(User32.dll)
Endianエンディアン関数 (自作関数)
primeFactorizationプライムファクトリゼイション関数 (自作関数)
引数に指定した値を素因数分解し、その結果を格納した配列を返します。
swapスワップ関数 (自作関数)
第一引数と第二引数の値を交換します。
bubbleSortバブルソート関数 (自作関数)
引数に指定した配列をバブルソートで並び替えます。
shakerSortシェーカーソート関数 (自作関数)
シェーカーソートは、ソートのアルゴリズムの一つです。バブルソートを改良したもの。双方向バブルソート、改良交換法とも言われます。バブルソートではスキャンを一方向にしか行わないのに対し、シェーカーソートでは交互に二方向に行います。
gnomeSortノームソート関数 (自作関数)
ノームソートはソートアルゴリズムの一つです。挿入ソートに似ているが、要素の移動は挿入ではなくバブルソートのような一連の交換で行います。
insertionSortインサーションソート関数 (自作関数)
挿入ソートは、ソートのアルゴリズムの一つ。整列してある配列に追加要素を適切な場所に挿入します。
shellSortシェルソート関数 (自作関数)
シェルソートは挿入ソートが改良された整列アルゴリズムです。リストにおいてあらかじめ離れている要素を交換しておき、最終的に挿入ソートを実行します。
heapSortヒープソート関数 (自作関数)
引数に指定された配列をヒープソートで並び替えます。
quickSortクイックソート関数 (自作関数)
問題を小さな部分問題に分割していく分割統治法を利用した手法で、データから適当に基準値を決めこれより大きいグループと小さいグループに分けるという手順を、分けた小さなグループに対しても再帰的に繰り返していきます。
shearSortシェアソート関数 (自作関数)
シェアソートはソートアルゴリズムの一つで、データを長方形に並べた上で各行・各列ごとにソートを行ないます。
arraySpliceアレイスプライス関数 (自作関数)
arrayPadアレイパッド関数 (自作関数)
Range.Activateアクティベート メソッド (Excel)
Range.AutoFillオートフィル メソッド (Excel)
Range.AutoFilterオートフィルター メソッド (Excel)
Range.ClearCommentsクリアコメンツ メソッド (Excel)
Range.ClearHyperlinksクリアハイパーリンクス メソッド (Excel)
Range.Copyコピー メソッド (Excel)
Range.DiscardChangesディスカードチェンジーズ メソッド (Excel)
Range.PasteSpecialペーストスペシャル メソッド (Excel)
Range.Selectセレクト メソッド (Excel)
Range.Rowロー プロパティ (Excel)
Range.Valueバリュー プロパティ (Excel)
Workbook.AcceptAllChangesアクセプトオールチェンジーズ メソッド (Excel)
Workbook.BreakLinkブレイクリンク メソッド (Excel)
Workbook.SaveAsセーブアズ メソッド (Excel)
Worksheet.Activateアクティベート メソッド (Excel)
Window.FreezePanesフリーズペンズ プロパティ (Excel)
Borders.Colorカラー プロパティ (Excel)
罫線の色を取得または設定します。
ExcelBootエクセルブート関数 (自作関数)
Excelを起動します。引数を指定した場合、そのファイルを開きます。
hashInvertハッシュインヴァート関数 (自作関数)
Collatzコラッツ関数 (自作関数)
コラッツ数列を求め結果を配列で返します。
getFileListゲットファイルリスト関数 (自作関数)
サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。
CreateFoldersクリエイトフォルダーズ関数 (自作関数)
指定したパスにフォルダを作成します。親フォルダが存在しなくても作成することができます。
DLL
invertedColorインバーテッドカラー関数 (自作関数)
引数に指定したColor値の反転色を返します。
arraySearchアレイサーチ関数 (自作関数)
配列の中から指定した要素が見つかった場合、その要素がある最初のインデックスを返します。
「」の検索結果
Series.Formatフォーマット プロパティ (Excel)
Sheets.Addアド メソッド (Excel)
Chart.HasTitleハズタイトル プロパティ (Excel)
FolderItemVerbsフォルダーアイテムバーブス オブジェクト
用語集
使い方
UWSC本体とPro版に付随するRecIE・UWSC Debugger・Uws2Exeの使い方の説明です。
その他項目
UWSC本体とそれに関連するプログラム(UWSC.exe、RecIE.exe、UWSC Debugger.exe)の設定ファイル(INIファイル)とログファイルの見方について説明しています。
degToDMSディグリートゥーディーエムエス関数 (自作関数)
角度を度形式から度分秒形式に変換します。
DMSToDegディーエムエストゥーディグリー関数 (自作関数)
角度を度分秒形式から度形式に変換します。
kernel32
GetTickCount(Kernel32.dll)
user32
EnableMenuItem(User32.dll)
FindWindowA(User32.dll)
IsIconic(User32.dll)
MoveWindow(User32.dll)
ChooseColorA(Comdlg32.dll)
roundOffラウンドオフ関数 (自作関数)
arrayProductアレイプロダクト関数 (自作関数)
complementaryColorコンプリメンタリーカラー関数 (自作関数)
引数に指定したColor値の補色を返します。
colorToRGBカラートゥーアールジービー関数 (自作関数)
Color値を赤成分、緑成分、青成分に変換し配列で返します。
RGBToColorアールジービートゥーカラー関数 (自作関数)
引数に指定された赤成分、緑成分、青成分からColor値を求めます。
colorToBGRカラートゥービージーアール関数 (自作関数)
Color値を青成分、緑成分、赤成分に変換し配列で返します。
BGRToColorビージーアールトゥーカラー関数 (自作関数)
引数に指定された青成分、緑成分、赤成分からColor値を求めます。
Locationロケーション.hostホスト プロパティ (DOM)
ホスト情報(ホスト名とポート番号)を取得します。
Locationロケーション.hrefエイチレフ プロパティ (DOM)
現在のページのURLを取得、または指定したURLへ移動します。
Locationロケーション.usernameユーザーネーム プロパティ (DOM)
ドメインの前に設定されたユーザー名を取得します。
ChkImgXチェックイメージエックス関数 (スクリプト関数)
getBitmapゲットビットマップ関数 (自作関数)
引数に指定したビットマップ画像のサイズ(px)・幅(px)・高さ(px)・ビットの深さ(bpp)を配列で返します。
UwscWebDriver
全自作関数関数 (自作関数)
このホームページで使われているすべての自作関数です。これをFUNCTIONS.uwsとして一次元で保存・呼び出しすることで重複した関数を定義したりすることなく、プログラムの管理・修正が楽になります。
digitSumディジットサム関数 (自作関数)
引数に指定した数字和(数値の各桁を足した結果)を返します。正の整数以外を指定した場合は、エラー値を返します。
Morseモールス関数 (自作関数)
引数に指定した文字列をモールス信号、またはモールス信号を文字列に変換します。
getSubFoldersゲットサブフォルダーズ関数 (自作関数)
GetSubFolders関数は、指定したフォルダ以下にあるすべてのサブフォルダのパスを取得します。
Selection.Rangeレンジ プロパティ (Word)
Range.ConvertHangulAndHanjaコンバートハングルアンドハンジャ メソッド (Word)
Document.Contentコンテント プロパティ (Word)
DownloadFileダウンロードファイル関数 (自作関数)
指定したURLのファイルをダウンロードします。第一引数にダウンロードするファイルのURL、第二引数にダウンロード先のフォルダ名、第三引数にダウンロードするファイル名を指定します。ダウンロードに成功した場合はTrue、失敗した場合はFalseを返します。
strReplaceストリングリプレイス関数 (自作関数)
検索文字列に一致したすべての文字列を置換します。
演算子の優先順位
1つの式の中で複数の演算が行われるとき、式の各部分は一定の順序に従って評価されます。この順序を演算子の優先順位と呼びます。優先順位が同じ場合、左から順に行われます。
Cipherサイファー関数 (自作関数)
引数に指定した文字列をシーザー暗号・ROT13・ヴィジュネル暗号・XOR暗号の4種類に暗号化または復号します。
arrayPop関数 (自作関数)
引数に指定した配列の最後の要素を取得します。配列arrayは要素一つ分だけ短くなります。
divisorsディバイザーズ関数 (自作関数)
引数に指定した数値の約数をリストを配列で返します。
strRepeatストリングリピート関数 (自作関数)
指定した文字列を指定した回数繰り返した文字列を返します。
getKyurekiゲットキュウレキ関数 (自作関数)
getKyureki関数は、引数に指定したグレゴリオ暦の年月日から旧暦(天保暦)の日付を求める関数です。
sakuサク関数 (自作関数)
saku関数は、指定したユリウス日の直前の朔を求めます。グレゴリオ暦をユリウス日にするにはYMDToJD関数を使います。
chukiチュウキ関数 (自作関数)
chuki関数は、引数に指定したユリウス日の直前の中気を求める関数です。
JDToYMDジェーディトゥーワイエムディ関数 (自作関数)
JDToYMD関数は、ユリウス日をグレゴリオ暦に変換する関数です。グレゴリオ暦をユリウス日に変換するには、YMDToJD関数を使います。
YMDToJDワイエムディトゥージェーディ関数 (自作関数)
YMDToJD関数は、グレゴリオ暦をユリウス日をに変換する関数です。西暦1582年10月15日以降の日時を指定してください。ユリウス日をグレゴリオ暦に変換するには、JDToYMD関数を使います。
HTMLElementエイチティエムエルエレメント オブジェクト (DOM)
ROMANローマン関数 (自作関数)
ROMAN関数は、アラビア数字をローマ数字に変換する関数です。ローマ数字をアラビア数字に変換するには、ARABIC関数を使います。
ARABICアラビック関数 (自作関数)
ARABIC関数は、ローマ数字をアラビア数字に変換する関数です。アラビア数字をローマ数字に変換するには、ROMAN関数を使います。
Locationロケーション オブジェクト (DOM)
Elementエレメント オブジェクト (DOM)
NodeListノードリスト オブジェクト (DOM)
Documentドキュメント.getElementsByClassNameゲットエレメンツバイクラスネーム メソッド (DOM)
Documentドキュメント.bgColor プロパティ (DOM)
Documentドキュメント.getElementByIdゲットエレメントバイアイディー メソッド (DOM)
idプロパティが指定された文字列に一致する要素を表すElementオブジェクトを返します。同じidが複数ある場合は、querySelectorAllメソッドを使います。
Documentドキュメント.querySelectorAllクエリーセレクターオール メソッド (DOM)
与えられたCSSセレクターに一致する文書中の要素のリストを示す静的なNodeListを返します。
TextStreamテキストストリーム オブジェクト
Folderフォルダー オブジェクト
Folder.Driveドライブ プロパティ (FSO)
Folder.Filesファイルズ プロパティ (FSO)
Fileファイル オブジェクト
File.DateLastModifiedデイトラストモディファイド プロパティ (FSO)
File.Driveドライブ プロパティ (FSO)
File.Pathパス プロパティ (FSO)
File.Sizeサイズ プロパティ (FSO)
File.Typeタイプ プロパティ (FSO)
Drive.DriveLetterドライブレター プロパティ (FSO)
Drive.FileSystemファイルシステム プロパティ (FSO)
Drive.FreeSpaceフリースペース プロパティ (FSO)
Drive.IsReadyイズレディー プロパティ (FSO)
Drive.TotalSizeトータルサイズ プロパティ (FSO)
Drive.VolumeNameボリュームネーム プロパティ (FSO)
Workbooks.Addアド メソッド (Excel)
Workbooks.Openオープン メソッド (Excel)
Workbooks.OpenTextオープンテキスト メソッド (Excel)
Workbooks.Creatorクリエイター プロパティ (Excel)
Workbooks.Itemアイテム プロパティ (Excel)
inArrayインアレイ関数 (自作関数)
Base64関数 (自作関数)
文字列をBASE64にエンコード・デコードします。BASE64とは、バイナリデータを一定の規則に基づいてテキスト(文字)データに置き換える変換方式の一つで、64種類の英数字のみを用いてデータを表現する方式。 電子メールの添付ファイル(MIME)などでよく用いられます。
Application.Selectionセレクション プロパティ (Excel)
Application.Visibleビジブル プロパティ (Excel)
Application.Workbooksワークブックス プロパティ (Excel)
Application.Calculateキャルキュレイト メソッド (Excel)
Application.ConvertFormulaコンバートフォーミュラ メソッド (Excel)
Application.DDEPoke メソッド (Excel)
Application.DDETerminateディーディーイーターミネート メソッド (Excel)
Application.FindFileファインドファイル メソッド (Excel)
[ファイルを開く]タイアログボックスを表示します。[開く]でファイルが正常に開かれるとTrue、[キャンセル]をするとFalseが返ります。
Application.GetOpenFilenameゲットオープンファイルネーム メソッド (Excel)
Application.GetSaveAsFilenameゲットセーブアズファイルネーム メソッド (Excel)
Application.Quitクイット メソッド (Excel)
Application.ActiveCellアクティブセル プロパティ (Excel)
アクティブな1つのセルを表すRangeオブジェクトを取得します。
Application.ActiveSheetアクティブシート プロパティ (Excel)
Application.Cellsセルズ プロパティ (Excel)
作業中のワークシートのすべてのセルを表すRangeオブジェクトを返します。
Application.CustomListCountカスタムリストカウント プロパティ (Excel)
定義済みのユーザー設定リスト(組み込みリストを含む)の数を返します。
Application.DisplayAlertsディスプレイアラーツ プロパティ (Excel)
Rangeレンジ オブジェクト
Seriesシリーズ オブジェクト
ShapeRangeシェイプレンジ オブジェクト
Sheetsシーツ オブジェクト
Top10トップテン オブジェクト
Windowウィンドウ オブジェクト
Workbookワークブック オブジェクト
Workbooksワークブックス オブジェクト
Worksheetワークシート オブジェクト
WorksheetFunctionワークシートファンクション オブジェクト
Worksheetsワークシーツ オブジェクト
Namesネームズ オブジェクト
Pageページ オブジェクト
Commentコメント オブジェクト
FullSeriesCollectionフルシリーズコレクション オブジェクト
LineFormatラインフォーマット オブジェクト
Applicationアプリケーション オブジェクト
Borderボーダー オブジェクト
Charactersキャラクターズ オブジェクト
Chartsチャーツ オブジェクト
MailItem.Attachmentsアタッチメンツ プロパティ (Outlook)
MailItem.BodyFormatボディフォーマット プロパティ (Outlook)
MailItem.HTMLBodyエイチティエムエルボディ プロパティ (Outlook)
MailItem.Parentペアレント プロパティ (Outlook)
MailItem.ReceivedTimeレシーブドタイム プロパティ (Outlook)
MailItem.Toトゥー プロパティ (Outlook)
NameSpace.GetDefaultFolderゲットデフォルトフォルダー メソッド (Outlook)
NameSpace.Typeタイプ プロパティ (Outlook)
変数
forceQuitフォースクイット関数 (自作関数)
forceQuit関数は、プログラムを強制終了させる関数です。
IIFアイイフ関数 (自作関数)
式を評価して値を返します。IF文と同じような動作をしますが、IIF関数は真・偽の処理どちらも記述する必要があります。
arrayPushアレイプッシュ関数 (自作関数)
arrayPush関数は、arrに指定した配列の末尾にstrで指定した文字列を追加します。arrは参照引数のためarrの値が直接書き換えられます。戻値は処理後の配列の要素の数をDouble型で返します。
QuotedPrintableクォーテッドプリンタブル関数 (自作関数)
文字列をQuoted-Pintableにエンコード・デコードします。Quoted-Printableとは、電子メールの送受信の際に用いられるデータの変換方式のひとつで、本文に用いられる8ビット文字を7ビットのデータであるASCIIコードに変換する方式のことです。
dateValueデイトバリュー関数 (自作関数)
dateValue関数は、日付形式の文字列をシリアル値に変換する関数です。
SJISToJIS関数 (自作関数)
SJISToJIS関数は、シフトJISコードをJISコードに変換する関数です。JISコードをシフトJISコードに変換するには、JISToSJIS関数を使います。
JISToSJISジストゥーエスジス関数 (自作関数)
JISToSJIS関数は、JISコードをシフトJISコードに変換する関数です。シフトJISコードをJISコードに変換するには、SJISToJIS関数を使います。
Paragraphsパラグラフス オブジェクト
Rangeレンジ オブジェクト
Selectionセレクション オブジェクト
Taskタスク オブジェクト
Wordワード オブジェクト
Bookmarks オブジェクト
Findファインド オブジェクト
Accounts.Itemアイテム メソッド (Outlook)
AppointmentItem.Saveセーブ メソッド (Outlook)
AppointmentItem.Bodyボディ プロパティ (Outlook)
AppointmentItem.ReminderMinutesBeforeStartリマインダーミニッツビフォースタート プロパティ (Outlook)
Application.CreateItemクリエイトアイテム メソッド (Outlook)
Application.GetNamespaceゲットネームスペース メソッド (Outlook)
signサイン関数 (自作関数)
数値の正負を調べます。数値が正の数のときは「1」、0のときは「0」、負の数のときは「-1」が返ります。sign(サイン)関数と読むと三角関数のsin関数と紛らわしいので、符号関数と読みます。
textテキスト関数 (自作関数)
TEXT関数は、数値を表示書式に基づいて変換した文字列を返す関数です。Excelのtext関数とほぼ同じ動作をします。
reTestリテスト関数 (自作関数)
正規表現と指定された文字列のマッチングを行い、マッチした場合はTrue、マッチしなかった場合はFalseを返します。
IEBootアイイーブート関数 (自作関数)
InternetExplorerオブジェクトを生成します。iexplorer.exeのプロセスが残っているときにCREATEOLEOBJ関数でInternet Explorerを起動するとエラーが出ることがあるので、それを回避するための関数です。
altClickオルトクリック関数 (自作関数)
Web上(IE)の指定したalt属性を含む画像をクリックします。クリックに成功した場合はTrue、失敗した場合はFalseを返します。
PathCleanupSpecパスクリーンナップスペック関数 (自作関数)
PathCleanupSpec関数は、ファイル名として無効な文字を削除した文字列が返します。
Applicationアプリケーション オブジェクト
Items.GetLastゲットラスト メソッド (Outlook)
Items.Restrictリストリクト メソッド (Outlook)
Items.Sortソート メソッド (Outlook)
Accountsアカウンツ オブジェクト
Outlookアウトルック オブジェクト
Accountアカウント オブジェクト
AppointmentItemアポイントメントアイテム オブジェクト
NameSpaceネームスペース オブジェクト
Foldersフォルダーズ オブジェクト
Folderフォルダー オブジェクト
Itemsアイテムス オブジェクト
MailItemメールアイテム オブジェクト
Recipientレシピエント オブジェクト
TaskItemタスクアイテム オブジェクト
uniqueFilenameユニークファイルネーム関数 (自作関数)
uniqueFilename関数は、引数に指定したファイル名が存在する場合重複しないよう連番をつけたファイル名を文字列で返す関数です。
getTableDataゲットテーブルデータ関数 (自作関数)
Web上のtableタグのデータを取得し、二次元配列に格納します。
WshShell.Environmentエンバイロメント プロパティ
WshEnvironmentオブジェクト(環境変数のコレクション)を返します。
WshShell.SpecialFoldersスペシャルフォルダーズ プロパティ
SpecialFoldersオブジェクト(特定フォルダのコレクション)を返します。
WshShell.AppActivateアップアクティベート メソッド
WshShell.CreateShortcutクリエイトショートカット メソッド
WshShell.ExpandEnvironmentStringsイクスパンドエンバイロメントストリングス メソッド
WshShell.LogEventログイベント メソッド
WshShell.Popupポップアップ メソッド
WshShell.RegReadレグリード メソッド
WshShell.RegWriteレグライト メソッド
WshShell.SendKeysセンドキーズ メソッド
1 つ以上のキー ストロークをアクティブなウィンドウに送ります。
Excelエクセル オブジェクト
PageSetupページセットアップ オブジェクト
FileSystemObjectファイルシステムオブジェクト オブジェクト
FSO.BuildPathビルドパス メソッド
BuildPathメソッドは、フォルダーパスとフォルダーまたはファイルの名前を結合したパス文字列を返します。パス文字列を生成するだけでフォルダ・ファイルの作成は行いません。存在しないパスを指定することもできます。
FSO.CopyFileコピーファイル メソッド
CopyFileは、指定したファイルを別の場所にコピーする関数です。sourceに指定したファイルをdestinationに指定したパスにコピーします。sourceはワイルドカード文字を使うことができます。
FSO.CopyFolderコピーフォルダー メソッド
CopyFolderメソッドは、指定したフォルダを別の場所にコピーします。sourceに指定したファイルをdestinationに指定したパスにコピーします。sourceはワイルドカード文字を使うことができます。
FSO.CreateFolderクリエイトフォルダー メソッド
CreateFolderメソッドは、指定したパスにフォルダを作成します。foldernameに指定したパスにフォルダを作成します。指定したフォルダが既に存在する場合は、エラーが発生します。
FSO.DeleteFileデリートファイル メソッド
DeleteFileメソッドは、指定した 1 つ以上のファイルを削除します。filespecに削除するファイルの名前を指定します。filespecにはワイルドカードを使用することができます。
FSO.FileExistsファイルイグジスツ メソッド
FileExistsメソッドは、指定したファイルが存在するかどうかを確認します。指定したファイルが存在する場合はTrue、存在しない場合はFalseを返します。
FSO.GetExtensionNameゲットエクステンションネーム メソッド
FSO.GetFileゲットファイル メソッド
FSO.GetFileNameゲットファイルネーム メソッド
FSO.GetFolderゲットフォルダー メソッド
FSO.GetParentFolderNameゲットペアレントフォルダーネーム メソッド
FSO.GetSpecialFolderゲットスペシャルフォルダー メソッド
FSO.OpenTextFileオープンテキストファイル メソッド
FSO.Drivesドライブズ プロパティ
サイトマップ
IENoticeBarアイイーノーティスバー関数 (自作関数)
Web上でファイルをダウンロードしたときに出る通知バーの制御を行います。ダウンロードしたファイル名を返します。
WshShellダブリューエスエイチシェル オブジェクト
getNthWeekdayゲットエヌスウィークデイ関数 (自作関数)
指定年月の第何何曜日(第nW曜日)の日付を返します。
reReplaceリリプレイス関数 (自作関数)
正規表現置換を行います。
CDO.Fromフロム プロパティ
CDO.AddAttachmentアドアタッチメント メソッド
reExecuteリエクスキュート関数 (自作関数)
正規表現検索を行います。
CDOシーディーオー オブジェクト
dateDiffデイトディフ関数 (自作関数)
dateDiff関数は、指定された2つの日付の時間間隔を返します。
timeValueタイムバリュー関数 (自作関数)
時刻を表す文字列をシリアル値に変換します。結果は、0以上1未満の値を取ります。引数に日付が含まれる場合日付は無視され、時刻情報のみ変換されます。
Secondセカンド関数 (自作関数)
シリアル値 から「秒」を求めます。
Minuteミニット関数 (自作関数)
シリアル値 から「分」を求めます。
Hourアウア関数 (自作関数)
シリアル値 から「時」を求めます。
FolderItemフォルダーアイテム オブジェクト
FolderItem.InvokeVerbインボークバーブ メソッド (Shell)
FolderItem.GetLinkゲットリンク プロパティ (Shell)
FolderItem.IsBrowsableイズブラウザブル プロパティ (Shell)
FolderItem.IsFileSystemイズファイルシステム プロパティ (Shell)
FolderItem.IsLinkイズリンク プロパティ (Shell)
FolderItem.Typeタイプ プロパティ (Shell)
FolderItems.Itemアイテム メソッド (Shell)
FolderItemsフォルダーアイテムス オブジェクト
ShellWindows.Countカウント プロパティ (Shell)
Folder.ParentFolderペアレントフォルダー プロパティ (Shell)
指定したフォルダの親のFolderオブジェクトを返します。
Folder.ParseNameパースネーム メソッド (Shell)
Folder.MoveHereムーブヒア メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをこのフォルダーに移動します。
Folder.GetDetailsOfゲットディーテイルズオブ メソッド (Shell)
Folder.CopyHereコピーヒア メソッド (Shell)
1つまたは複数のアイテムをフォルダにコピーします。
ShellWindowsシェルウィンドウズ オブジェクト
Folderフォルダー オブジェクト
シェルフォルダを表します。
Shellシェル オブジェクト
Windowsのシェル(エクスプローラ)の機能を呼び出します。CREATEOLEOBJ("Shell.Application")で生成することができます。
Shell.AddToRecentアドトゥーリーセント メソッド
「最近使用したファイル」にファイルを追加します。
Shell.BrowseForFolderブラウズフォーフォルダー メソッド
ユーザーがフォルダを選択できるようにするダイアログボックスを作成し、選択したフォルダのFolderオブジェクトを返します。
Shell.CascadeWindowsカスケードウィンドウズ メソッド
デスクトップ上のすべてのウィンドウをカスケードします。この方法は、タスクバーを右クリックして「重ねて表示」を選択するのと同じ効果があります。
Shell.ControlPanelItemコントロールパネルアイテム メソッド
指定されたコントロールパネル(*.cpl)アプリケーションを実行します。アプリケーションがすでに開いている場合は、実行中のインスタンスがアクティブになります。
Shell.Exploreエクスプロール メソッド
Windowsエクスプローラーウィンドウで指定したフォルダーを開きます。
Shell.FileRunファイルラン メソッド
「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開きます。この方法は、[スタート]メニューを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択するのと同じ効果があります。
Shell.FindComputerファインドコンピューター メソッド
Shell.FindPrinterファインドプリンター メソッド
Shell.GetSystemInformationゲットシステムインフォメーション メソッド
システム情報を取得します。
Shell.NameSpaceネームスペース メソッド
Shell.TileHorizontallyタイルホリゾンタリー メソッド
すべてのウィンドウを上下に並べて表示します。
リダイレクト
Documentドキュメント オブジェクト (DOM)
DOM
COM_ERR_IGN-COM_ERR_RET
PROCEDURE-FEND
PROCEDUREは戻値のない自作関数を定義することができます。戻値がある自作関数を定義するにはFUNCTIONを使います。
FUNCTION-FEND
FUNCTIONは戻値のある自作関数を定義することができます。戻値のない自作関数を定義するにはPROCEDUREを使います。
IF文
IF文は条件によって処理を分岐させたいときに利用します。条件が成り立たないときの処理(偽)は省略することができます。処理が2文以上のときはIFB-ENDIFを使います。
IFB文
条件分岐をさせる構文で動作は基本的にIFと同じですが、IFBは複数の条件で分岐でき、処理も複数書くことができます。ELSEIFは必要だけ記述することができ、ELSEIF・ELSEは必要がなければ省略することもできます。
FOR-TO文
条件が真の間、処理を繰り返し実行します。途中でループを抜けたいときはBREAK文を使います。
FOR-IN文
配列やコレクションなどのグループの各要素に対して繰り返し処理を行います。
WHILE文
ループ処理を行います。ループの始めに条件判定を行いループ内で条件を変えないと無限ループになります。条件が合わなければ処理は1度も実行されません。最低1度は処理を実行したい場合はREPEAT-UNTIL文を使います。前判定。
REPEAT文
REPEAT文では、条件式がTRUEになるまで処理を行います。WHILE文と同様処理を繰り返す回数がわからないときREPEAT文を使います。ループ内で条件式の変数の値を変えないと無限ループとなるので注意が必要です。 REPEAT文は後判定でループ内の処理を実行してから条件式の確認を行うので、最低一度は処理が実行されます。
SELECT文
CALL文
外部のスクリプト(UWSファイル)を取り込みます。
BREAK文
CONTINUE文
EXIT文
EXITEXIT文
PRINT文
DIM
DIMは変数を宣言するのに使います。DIMは省略可能だが、配列を宣言する際は必須です。また配列の場合一次元目のみは省略かのうで、二次元目以降は必須です。変数の宣言を強制する場合は、OPTION EXPLICITを記述します。
PUBLIC
コメント
行結合
マルチステートメント
定数定義
組込み定数
特殊文字
16進数
起動時パラメータ
OPTION指定
DLL使用定義
スレッド生成
MODULE化
WITH文
COMオブジェクト・モジュール表記にてオブジェクト・モジュール名を省略して書くことができます。省略したオブジェクト・モジュールを使用するには、その「.(ドット)」以降を記述します。
複数行文字列の定義
TEXTBLOCKは、複数行にわたる文字列を定数として定義します。
連想配列
連想配列とは、自動的に割り当てられる数字をキーとして持つかわりに、自由に任意の文字列を割り振ることができる配列のことです。添え字に番号の変わりに名前をつけることでわかりやすく管理することができます。
例外処理
InternetExplorerインターネットエクスプローラー オブジェクト
Internet Explorerを操作します。CREATEOLEOBJ("InternetExplorer.Application")で生成することができます。
IE.ExecWBエグゼックダブリュービー メソッド
IOleCommandTargetインターフェースを使用して、コマンドを実行し、コマンド実行のステータスを返します。第一引数には実行したい内容のコマンド、第二引数にはオプションを指定します。
IE.GoForwardゴーフォワード メソッド
IE.Navigateナビゲート メソッド
IE.Refresh2リフレッシュツー メソッド
IE.Stopストップ メソッド
読込中のWebページやダウンロードのキャンセル、BGMやアニメーションの動的要素を停止します。
IE.Documentドキュメント プロパティ
IE.Leftレフト プロパティ
IE.Offlineオフライン プロパティ
IE.ReadyStateレディーステイト プロパティ
COMオブジェクト
COM(Component Object Model)とは、マイクロソフト(Microsoft)社が提唱していた、ソフトウェアの機能を部品化して外部から呼び出して利用する仕組みを定めた技術のことです。UWSCでは「CREATEOLEOBJ( COMオブジェクト名 )」で呼び出し利用することができます。
dateStringデイトストリング関数 (自作関数)
指定された日付を西暦から和暦に変換します。
isPrimeイズプライム関数 (自作関数)
引数に指定した数値が素数かどうかを調べます。素数の場合True、素数でない場合Falseを返します。
dateAddデイトアド関数 (自作関数)
日時(date)に、指定した単位(interval)の時間(num)を加算して返します。正の値で未来、負の値で過去になります。
decToBinデシマルトゥーバイナリー関数 (自作関数)
10進数を2進数に変換します。2進数を10進数に変換するにはbinToDec関数を使います。
hexToBinヘクサデシマルトゥーバイナリー関数 (自作関数)
16進数を2進数に変換します。2進数を16進数に変換するにはbinToHex関数を使います。
binToHexバイナリートゥーヘクサデシマル関数 (自作関数)
2進数を16進数に変換します。16進数を2進数に変換するにはhexToBin関数を使います。
binToDecバイナリートゥーデシマル関数 (自作関数)
2進数を10進数に変換します。10進数を2進数に変換するにはdecToBin関数を使います。
decToHexデシマルトゥーヘクサデシマル関数 (自作関数)
10進数を16進数に変換します。16進数を10進数に変換するにはhexToDec関数を使います。
hexToDecヘクサデシマルトゥーデシマル関数 (自作関数)
16進数を10進数に変換します。10進数を16進数に変換するにはdecToHex関数を使います。
LCMエルシーエム関数 (自作関数)
LCM関数は、引数に指定した配列の最小公倍数(Least Common Multiple)を求める関数です。最大公約数を求めるには、GMD関数を使います。
GCDジージーディー関数 (自作関数)
GCD関数は、引数に指定した配列の最大公約数(Greatest Common Measure)を求める関数です。最小公倍数を求めるには、LCM関数を使います。
getIEObjゲットアイイーオブジェ関数 (自作関数)
引数に指定した「タイトル」または「URL」を含むInternetExplorerオブジェクトを返します。数値nを指定した場合、n番目に開いたInternetExplorerオブジェクトを取得します。負の数で後ろからn番目。IELINK関数で開かれた新しいタブのInternetExplorerオブジェクトを取得したいときに使います。
UNIXToSerialユニックストゥーシリアル関数 (自作関数)
UNIX時間をシリアル値に変換します。
UNIXToUwscユニックストゥーユーダブリューエスシー関数 (自作関数)
UNIX時間をUWSC時間に変換します。
serialToUNIXシリアルトゥーユニックス関数 (自作関数)
シリアル値をUNIX時間に変換します。
serialToUwscシリアルトゥーユーダブリューエスシー関数 (自作関数)
シリアル値をUWSC時間に変換します。シリアル値は、1日(24時間)を1.0とし、1日ごとに1ずつ増えます。整数部分は日付を、小数部分は時刻を表します。Windows版では、1900年日付システムを適用しており、1900年1月1日の午前0時を起点として、シリアル値は1から始まります。
uwscToUNIXユーダブリューエスシートゥーユニックス関数 (自作関数)
UWSC時間をUNIX時間に変換します。
uwscToSerialユーダブリューエスシートゥーシリアル関数 (自作関数)
UWSC時間をシリアル値に変換します。
getUNIXTimeゲットユニックスタイム関数 (自作関数)
UWSC時間からUNIX時間に変換します。
getSerialTimeゲットシリアルタイム関数 (自作関数)
UWSC時間からシリアル値を取得します。
nowナウ関数 (自作関数)
now関数は、現在の日時を取得する関数です。日付のみ取得したい場合は、today関数を使います。
todayトゥデイ関数 (自作関数)
today関数は、現在の日付を返す関数です。YYYY/MM/DD形式で返されます。時刻も含めて取得する場合はnow関数を使います。
degToRad関数 (自作関数)
度数法(Degree)を弧度法(Radian)に変換します。弧度法を度数法に変換するにはRadToDeg関数を使います。
radToDeg関数 (自作関数)
弧度法(Radian)を度数法(Degree)に変換します。度数法を弧度法に変換するにはDegToRad関数を使います。
isOddイズオッド関数 (自作関数)
引数に指定した数値が奇数かどうかを調べます。奇数ならばTrue、それ以外の数値はFalse、文字列はエラー値を返します。
factDoubleファクトダブル関数 (自作関数)
引数に指定した自然数の二重階乗を求めます。戻値の型はDouble型です。再帰関数。階乗を求めるにはfact関数を使います。
factファクト関数 (自作関数)
引数に指定した自然数の階乗を求めます。再帰関数。二重階乗を求めるにはfactDouble関数を使います。
getEndOfMonthゲットエンドオブマンス関数 (自作関数)
getEndOfMonth関数は、date から m 月後の月末の日付を返す関数です。m は正の値で未来、負の値で過去になります。
getSecondゲットセカンド関数 (自作関数)
指定された日時の「秒」を0〜59の間の数値で返します。日付のみ指定された場合は「00」が返ります。
getMinuteゲットミニット関数 (自作関数)
指定された日時の「分」を0〜59の間の数値で返します。日付のみ指定された場合は「00」が返ります。
getHourゲットアウア関数 (自作関数)
指定された日時の「時」を0〜23の間の数値で返します。日付のみ指定された場合は「00」が返ります。
isDateイズデイト関数 (自作関数)
isDate関数は、引数が有効な日付として認識できる場合はTrue、それ以外の場合はFalseを返します。
getWeekdayゲットウィークデイ関数 (自作関数)
引数に指定された日付から曜日番号を取得します。0:日曜〜6:土曜の範囲で値を返します。
getDayゲットデイ関数 (自作関数)
指定した日付から「日」を返します。
getYearゲットイヤー関数 (自作関数)
指定した日付から「年」を返します。
getMonthゲットマンス関数 (自作関数)
指定した日付から「月」を返します。
getWeekdayNameゲットウィークデイネーム関数 (自作関数)
getWeekdayName関数は、指定した曜日番号に対応する曜日名を返します。第一引数に曜日番号、第二引数にフォーマットを指定します。
自作関数
管理人が作成した自作関数を一覧にしたページです。サンプルプログラムで利用しているすべての自作関数を掲載していますので、ぜひ活用してください。
BusyWaitビジーウェイト関数 (自作関数)
引数に指定したInternetExplorerオブジェクトの読み込みが完了するのを待ちます。
LBoundエルバウンド関数 (自作関数)
UBoundユーバウンド関数 (自作関数)
配列の最大インデックスを返します。
トップページ
スクリプト
スクリプトとはテキストファイルで書かれた命令文(ソースコード)のことで、Windowsに付属しているメモ帳でもプログラムを書くことができます。しかしメモ帳では機能が少なすぎるので、フリーのものでも良いので何かテキストエディタをインストールすることをおすすめします。ここではサクラエディタでの設定方法を説明します。
スクリプト構文
関数の定義
関数の定義はメインルーチンの後に書きます。関数の定義以降に書かれたメインルーチンは実行されません。関数名に「,+*=<>()!?」、最初の文字に数字は使えません。
制御文
スクリプト関数
UWSCで使えるスクリプト関数の一覧です。
ABSエービーエス関数 (スクリプト関数)
引数の絶対値を求めます。
ACW関数 (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウの位置・サイズを変更します。IDのみを指定した場合、そのウィンドウをアクティブにします。
ARCCOSアークコサイン関数 (スクリプト関数)
引数の逆余弦を求めます。
ARCSINアークサイン関数 (スクリプト関数)
引数の逆正弦を求めます。
ARCTANアークタンジェント関数 (スクリプト関数)
引数の逆正接を求めます。
ASCアスキー関数 (スクリプト関数)
BALLOONバルーン関数 (スクリプト関数)
指定したメッセージを吹き出しで表示します。
BETWEENSTRビトゥイーンストリング関数 (スクリプト関数)
BTNボタン関数 (スクリプト関数)
CALCARRAYカルクアレイ関数 (スクリプト関数)
配列の合計値・最小値・最大値・平均値を求めます。
CEILシール関数 (スクリプト関数)
正の方向へ切り上げた数値を返します。
CHGMOJ関数 (スクリプト関数)
CHKBTNチェックボタン関数 (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウにあるチェックボックス・ラジオボタンがチェックされているかを返します。
CHKIMGチェックイメージ関数 (スクリプト関数)
指定画像が画面上にあるかチェックしあればその情報を返します。
CHKNUMチェックナンバー関数 (スクリプト関数)
CHRチャー関数 (スクリプト関数)
CLKITEMクリックアイテム関数 (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウのアイテムをクリックします。アイテムに指定できるものにはボタン・チェックボックス・ラジオボタン・リストボックス・コンボボックス・タブコントロール・メニュー・ツリービュー・リストビュー・ツールバー・リンクがあります。
COPYコピー関数 (スクリプト関数)
COSコサイン関数 (スクリプト関数)
引数の余弦を求めます。
CPUUSERATEシーピーユーユーズレート関数 (スクリプト関数)
CREATEFORMクリエイトフォーム関数 (スクリプト関数)
CREATEOLEOBJクリエイトオーエルイーオブジェクト関数 (スクリプト関数)
CTRLWINコントロールウィンドウ関数 (スクリプト関数)
ウィンドウの状態を操作します。ウィンドウを終了、アクティブ化、表示・非表示、最大化・最小化などができます。
DECODEデコード関数 (スクリプト関数)
DELETEFILEデリートファイル関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを削除します。
DELETEINIデリートイニ関数 (スクリプト関数)
DICTATEディクテイト関数 (スクリプト関数)
DOSCMDドスコマンド関数 (スクリプト関数)
DOSCMD関数は、コマンドライン(コマンドプロンプト)を実行する関数です。第一引数に指定したコマンドを実行します。標準出力を戻値として返しますが、同期フラグもしくは画面出力がTrueの場合は戻値はありません。
DROPFILEドロップファイル関数 (スクリプト関数)
ENCODEエンコード関数 (スクリプト関数)
EVALイーバル関数 (スクリプト関数)
EXECエグゼック関数 (スクリプト関数)
EXECは、第一引数に指定したアプリを起動する関数です。そのウィンドウのIDを戻値として返します。ストアアプリ・エクスプローラなどの別プロセスを呼ぶアプリはIDを返さないことがあるので、起動した後にGETIDで取得します。
EXPエクスポネンシャル関数 (スクリプト関数)
自然指数関数を求めます。
FCLOSEエフクローズ関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを閉じます。
FDELLINEエフデルライン関数 (スクリプト関数)
テキストファイルの指定行を削除します。
FGETエフゲット関数 (スクリプト関数)
テキストファイルの読み込みを行います。
FOPENエフオープン関数 (スクリプト関数)
テキストファイルを開き、ファイルIDを取得します。
FORMATフォーマット関数 (スクリプト関数)
FORMAT関数は、指定された数値の左側をスペースで埋める関数です。文字が指定された場合その文字で埋めます。
FPUTエフプット関数 (スクリプト関数)
テキストファイルの書き込みを行います。
FUKIDASIフキダシ関数 (スクリプト関数)
指定したメッセージを吹き出しで表示します。MSGBOX関数と違い処理を中断することはありません。BALLOON関数も同じく吹き出しを表示する関数です。
GETACTIVEOLEOBJゲットアクティブオーエルイーオブジェクト関数 (スクリプト関数)
GETALLWINゲットオールウィンドウ関数 (スクリプト関数)
全ウィンドウのIDを取得します。
GETCTLHND関数 (スクリプト関数)
ボタン等、オブジェクトのハンドルを取得します。
GETDIRゲットディレクトリー関数 (スクリプト関数)
GETFORMDATAゲットフォームデータ関数 (スクリプト関数)
GETIDゲットアイディー関数 (スクリプト関数)
指定したウィンドウのIDを取得します。第一引数に取得したいウィンドウのタイトル(一部でも可)を指定します。UWSCでウィンドウを操作するのによく使う関数です。
GETITEMゲットアイテム関数 (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウのキャプション文字やリストなどを取得します。取得した情報は配列変数のALL_ITEM_LIST[ ]に格納されます。戻値は取得した数でInteger型です。
GETKEYSTATEゲットキーステイト関数 (スクリプト関数)
GETKEYSTATE関数は、キークリック・マウスクリック・トグルキー情報を取得する関数です。引数に指定したキーコードに対応するキーのクリックがあった場合はTRUE、なかった場合はFALSEを返します。
GETOLEITEM関数 (スクリプト関数)
GETSLCTLSTゲットセレクトリスト関数 (スクリプト関数)
GETSLCTLST関数は、指定したIDのウィンドウのCOMBOBOX・LISTBOX・ITM_LISTVIEW・ITM_TREEVIEWでの選択項目を取得する関数です。戻値は選択項目をUString型で返します。
GETSLIDERゲットスライダー関数 (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を取得します。
GETSTRゲットストリング関数 (スクリプト関数)
引数に指定したIDのウィンドウの文字列を取得します。取得した文字列を返します。
GETTIMEゲットタイム関数 (スクリプト関数)
GETTIMEは日時を取得する関数です。第二引数に指定された基準日から第一引数に指定した日数を加算した値を返します。戻値は2000年1月1日からの秒数です。関数実行後特殊変数に値がセットされ、その特殊変数から日付情報を取得できます。
HNDTOIDハンドルトゥーアイディー関数 (スクリプト関数)
引数に指定したハンドル値をIDに変換して返します。IDをハンドル値に変換するにはIDTOHND関数を使います。
IDTOHNDアイディートゥーハンドル関数 (スクリプト関数)
引数に指定したIDをハンドル値に変換して返します。ハンドル値をIDに変換するにはHNDTOID関数を使います。
IEGETDATAアイイーゲットデータ関数 (スクリプト関数)
IEGETFRAMEアイイーゲットフレーム関数 (スクリプト関数)
IEGETSRCアイイーゲットソース関数 (スクリプト関数)
IELINKアイイーリンク関数 (スクリプト関数)
Web上(IE)のリンクを選択します。正しく処理できた場合はTrue、処理できなかった場合はFalseを返します。新しく開いたタブを操作したい場合は、getIEObj関数を使います。
IESETDATAアイイーセットデータ関数 (スクリプト関数)
IESETDATA関数は、Web上に値を設定する関数です。第一引数にInternetExplorerオブジェクト、第二引数に設定する値、第三引数に値を設定するエレメントのNameもしくはタグ名を記述します。
IESETSRCアイイーセットソース関数 (スクリプト関数)
INPUTインプット関数 (スクリプト関数)
インプットボックスを表示します。第一引数に表示するメッセージ、第二引数にデフォルト値、第三引数にアスタリスク表示にするかのBoolean値を指定します。
INTイント関数 (スクリプト関数)
小数点以下を切り捨てた値を返します。負の値の場合、正の値のようにより小さい値にではなく0に近い側に切り捨てされます。
ISUNICODEイズユニコード関数 (スクリプト関数)
JOINジョイン関数 (スクリプト関数)
引数に指定した配列を結合し文字列を返します。
KBDキーボード関数 (スクリプト関数)
KINDOFOSカインドオブオーエス関数 (スクリプト関数)
KINDOFOSは、OS種別を示す番号を返す関数です。第一引数にTRUEを指定するとOSが64bitかどうかを返します。
LENGTHレングス関数 (スクリプト関数)
LNエルエヌ関数 (スクリプト関数)
自然対数を求めます。
LOCKHARDロックハード関数 (スクリプト関数)
LOCKHARDEXロックハードイーエックス関数 (スクリプト関数)
LOGNログエヌ関数 (スクリプト関数)
常用対数を求めます。
LOGPRINTログプリント関数 (スクリプト関数)
LOGPRINT関数は、UWSCのプログラム実行時にPRINT文で出力した内容を表示するウィンドウを操作する関数です。ウィンドウを表示するか表示しないか、ウィンドウの位置・幅・高さを指定できます。
MMVマウスムーブ関数 (スクリプト関数)
マウスカーソルを指定した座標に移動します。
MONITORモニター関数 (スクリプト関数)
MONITOR関数は、指定したモニタ番号・取得項目の情報を取得します。取得項目には、X座標・Y座標・幅・高さ・モニター名があります。引数なしの場合はモニターの数を返します。
MOUSEORG関数 (スクリプト関数)
マウス座標を相対座標にする、 またはマウスとキー情報を直接ウィンドウへ送ります。
MSGBOXメッセージボックス関数 (スクリプト関数)
メッセージボックスを表示します。第一引数に表示するメッセージ、第二引数に表示するボタンの種類を指定します。押されたボタンをInteger型で返します。
MUSCUR関数 (スクリプト関数)
MUSCUR関数は、マウスカーソルの種別を数値で返す関数です。引数はなく、戻値はInteger型です。
OLEEVENTオーエルイーイベント関数 (スクリプト関数)
PEEKCOLORピークカラー関数 (スクリプト関数)
PEEKCOLOR関数は、指定座標の色を取得する関数です。
POFFピーオフ関数 (スクリプト関数)
POFFは、電源を制御する関数です。第一引数に指定したコマンドを実行します。コマンドには、電源断・ログオフ・リブート・サスペンド(休止状態)・サスペンド2(スタンバイ)・モニターOFF(省電力モード)・モニターOFF(電源断)・モニターON・スクリーンセーバ起動・UWSCの再起動があります。
POPUPMENUポップアップメニュー関数 (スクリプト関数)
ポップアップメニューを表示し、引数に指定した配列の中から選択された項目の要素番号を取得します。選択された項目を取得したい場合は、POPUPMENUの戻値を引数に指定した配列の要素番号として指定します。
POSポス関数 (スクリプト関数)
POSACC関数 (スクリプト関数)
POWERパワー関数 (スクリプト関数)
数値のべき乗を求めます。
POWERSHELLパワーシェル関数 (スクリプト関数)
POEWRSHELL関数は、POWERSHELLのコマンドを実行する関数です。第一引数に指定したコマンドを実行します。標準出力を戻値として返しますが、同期フラグがTrue、もしくは画面表示がTrue・2の場合は戻値はありません。
QSORTクイックソート関数 (スクリプト関数)
QSORT関数は、配列の中身をソートする関数です。戻値はありません。昇順・降順・UNICODE文字比較 昇順・UNICODE文字比較 降順・自然順ソート 昇順・自然順ソート 降順のいずれかを指定することができます。
RANDOMランダム関数 (スクリプト関数)
RANDOM関数は、0以上Range未満の範囲にある乱数(整数)を返します。引数を省略した場合は、0以上1未満の乱数(小数点以下15桁)を返します。
READINIリードイニ関数 (スクリプト関数)
READINI関数はINIファイルから値を読み込みます。値を書き込むにはWRITEINI関数を使います。
RECOSTATE関数 (スクリプト関数)
REPLACEリプレイス関数 (スクリプト関数)
RESIZEリサイズ関数 (スクリプト関数)
配列のサイズを変更します。第二引数を省略した場合はサイズを取得します。
ROUNDラウンド関数 (スクリプト関数)
指定した位置で偶数丸めした値を返します。四捨五入する場合は、roundOff関数を使います。
SAFEARRAYセーフアレイ関数 (スクリプト関数)
SAVEIMGセーブイメージ関数 (スクリプト関数)
SAVEIMGは、第一引数に指定した絶対パス・相対パスに画像を保存する関数です。第一引数を省略した場合クリップボードに、第二引数に0を指定でスクリーン全体をコピーします。
SCKEYショートカットキー関数 (スクリプト関数)
ショートカットキーを実行します。
SENDSTRセンドストリング関数 (スクリプト関数)
指定したIDのウィンドウに文字列を送信します。キー入力をする場合はKBD関数を使います。
SENSORセンサー関数 (スクリプト関数)
SETCLEARセットクリア関数 (スクリプト関数)
配列のすべての要素を任意の値で埋めます。
SETFORMDATAセットフォームデータ関数 (スクリプト関数)
SETHOTKEYセットホットキー関数 (スクリプト関数)
SETHOTKEY関数は、ホットキーを設定しProcedure関数を呼び出すことができる関数です。キーコードは仮想キーを指定します。関数の呼び出しに成功した場合はTRUE、失敗した場合はFALSEを返します。
SETSLIDERセットスライダー関数 (スクリプト関数)
スライダー(トラックバー、スクロールバー)の値を設定します。
SHIFTARRAYシフトアレイ関数 (スクリプト関数)
配列を指定した値だけシフトします。プラス値で後方、マイナス値で前方にシフトします。
SINサイン関数 (スクリプト関数)
引数の正弦を求めます。
SLCTBOXセレクトボックス関数 (スクリプト関数)
セレクトボックスを表示します。第一引数に選択肢の種別、第二引数にタイムアウト時間、第三引数が数値ならx座標、第四引数にy座標、第三引数が数値でなければメッセージ、メッセージの次の引数に項目を指定します。
SLEEPスリープ関数 (スクリプト関数)
SLEEP関数は、引数に指定した時間(秒)処理を待機する関数です。一定時間処理の続行を待機させたいときに使います。
SLICEスライス関数 (スクリプト関数)
SLICE関数は、配列の中を指定範囲の配列で返す関数です。第一引数に配列を指定し、第二引数に開始位置、第三引数に終了位置を指定します。第二・第三引数は省略可能で、省略した場合は配列全体を返します。戻値はsafearray型です。
SOUNDサウンド関数 (スクリプト関数)
SOUND関数は、第一引数に指定したファイル名(WAV,MID,AVI等,'BEEP'指定にてBEEP音)もしくはサウンドに割り当てられたイベント名('LowBatteryAlarm','MailBeep','SystemAsterisk'等)を再生します。
SPEAKスピーク関数 (スクリプト関数)
指定した文字列を読み上げます。
SPLITスプリット関数 (スクリプト関数)
SPLIT関数は、引数に指定された文字列を区切文字列で区切り配列に格納します。区切文字列を省略した場合、スペースが区切文字列となります。戻値は配列でsafearray型です。
SQRTエスキューアールティー関数 (スクリプト関数)
引数の平方根を求めます。累乗根はPOWER関数を使います。
STATUSステータス関数 (スクリプト関数)
ウィンドウの各種状態を取得します。タイトル・クラス名・X座標・Y座標・幅・高さなどを取得することができます。
XLCLOSEエクセルクローズ関数 (スクリプト関数)
STOPFORMストップフォーム関数 (スクリプト関数)
STOPFORM関数は、UWSCのプログラム再生時に出るSTOPボタンの表示/非表示を制御する関数です。
XLGETDATAエクセルゲットデータ関数 (スクリプト関数)
STRCONVストリングコンバート関数 (スクリプト関数)
XLOPENエクセルオープン関数 (スクリプト関数)
XLOPEN関数は、Excelまたは OOoのCalcを起動する関数です。第一引数に読み込むファイル名(新規の場合は省略)、第二引数に起動フラグ、第三引数以降にパラメータ(パスワードや読み込み専用)を指定します。
TANタンジェント関数 (スクリプト関数)
引数の正接を求めます。
XLSETDATAエクセルセットデータ関数 (スクリプト関数)
Excelのセルに値を代入します。
TOKENトークン関数 (スクリプト関数)
XLSHEETエクセルシート関数 (スクリプト関数)
TRIMトリム関数 (スクリプト関数)
ZCUT関数 (スクリプト関数)
マイナス値を0にして返します。プラス値はそのままの値を返します。
VALバリュー関数 (スクリプト関数)
VARTYPEバータイプ関数 (スクリプト関数)
第一引数に指定した変数の型を示す数値を返す、もしくは第ニ引数に指定した型に変換します。
WRITEINIライトイニ関数 (スクリプト関数)
WRITEINI関数はINIファイルに値を書き込む関数です。値を読み込むにはREADINI関数を使います。
XLACTIVATEエクセルアクティベート関数 (スクリプト関数)
XLACTIVATE関数は、指定したシートをアクティブ化する関数です。第一引数にExcelオブジェクト、第二引数にアクティブ化するSheet名を指定します。