dateStringデイトストリング

指定された日付を西暦から和暦に変換します。

構文
dateString( date )
引数
date 必須
和暦に変換したい日付を西暦で指定
戻り値
和暦に変換した日付を返す

プログラム

UWSC
//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   date : 和暦に変換したい日付を西暦で指定 
// 【戻り値】
//   和暦に変換した日付を返す 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION dateString(date)
	GETTIME(0, date)
	DIM y = G_TIME_YY
	DIM m = G_TIME_MM
	DIM d = G_TIME_DD
	DIM dt = ""
	SELECT TRUE
		CASE GETTIME(0, date) >= GETTIME(0, "2019/05/01")
			dt = "令和" + IIF(y - 2018 = 1, "元", y - 2018) + "年"
		CASE GETTIME(0, date) >= GETTIME(0, "1989/01/18")
			dt = "平成" + IIF(y - 1988 = 1, "元", y -1988) + "年"
		CASE GETTIME(0, date) >= GETTIME(0, "1926/12/25")
			dt = "昭和" + IIF(y - 1925 = 1, "元", y -1925) + "年"
		CASE GETTIME(0, date) >= GETTIME(0, "1912/07/30")
			dt = "大正" + IIF(y - 1911 = 1, "元", y - 1911) + "年"
		CASE GETTIME(0, date) >= GETTIME(0, "1868/01/25")
			dt = "明治" + IIF(y - 1867 = 1, "元", y - 1867) + "年"
	SELEND
	RESULT = dt + m + "月" + d + "日"
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   expr : 評価する式 
//   truepart : 評価した式がTrueのときに返す値 
//   falsepart : 評価した式がFalseのときに返す値 
// 【戻り値】
//   truepart : 評価した式がTrueのとき、falsepart : 評価した式がFalseのとき 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION IIF(expr, truepart, falsepart)
	IFB EVAL(expr) THEN
		RESULT = truepart
	ELSE
		RESULT = falsepart
	ENDIF
FEND

プログラム実行例

今日の日付を和暦で出力

UWSC
結果
令和5年9月24日
使用関数

この記事は役に立ちましたか?

はい
いいえ
ご協力ありがとうございます。

関連記事

GETTIME関数 (スクリプト関数)
日付、時間を取得します。
getWeekdayName (自作関数)
GETTIMEで取得した曜日の番号を指定したフォーマットで返します。
getYear (自作関数)
指定された日付のを返します。
getMonth (自作関数)
指定された日付のを返します。
getDay (自作関数)
指定された日付のを返します。
getWeekday (自作関数)
引数に指定された日付の曜日番号(0:日曜〜6:土曜)を返します。
isDate (自作関数)
引数に指定した値が日付として認識できる場合はTrueを返します。認識できない場合はFalseを返します。
getEndOfMonth (自作関数)
dateで指定された月の月末日を取得します。
today (自作関数)
今日の日付を返します。
YMDToJD (自作関数)
グレゴリオ暦 を ユリウス日 に変換します。