getFileList

サブフォルダを含めたファイル一覧を配列で返します。

構文
getFileList( folderspec, [TextStream = NULL, filename, bool] )
引数
folderspec
フォルダのパス
TextStream
TextStreamオブジェクト
filename
一時ファイル名
bool
再帰呼び出しの深さが最上部か
戻値

プログラム

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   folderspec : フォルダのパス 
//   TextStream : TextStreamオブジェクト 
//   filename : 一時ファイル名 
//   bool : 再帰呼び出しの深さが最上部か 
// 【戻値】
//   
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION getFileList(folderspec, TextStream = NULL, filename = "", bool = TRUE)
	DIM FSO = CREATEOLEOBJ("Scripting.FileSystemObject")
	IFB TextStream = NULL THEN
		CONST TemporaryFolder = 2
	 	DIM TempFolder = FSO.GetSpecialFolder(TemporaryFolder)
		DIM TempFolderspec = TempFolder.Path
		DIM name = FSO.GetTempName
		filename = FSO.BuildPath(Tempfolderspec, name)
		TextStream = FSO.CreateTextFile(filename)
	ENDIF
	DIM Folder = FSO.GetFolder(folderspec)
	DIM Folders = Folder.SubFolders
	FOR Folder IN Folders
		TextStream.WriteLine(Folder.Path)
		getFileList(Folder.Path, TextStream, filename, FALSE)
		FOR File IN Folder.Files
			TextStream.WriteLine(File.Path)
		NEXT
	NEXT
	IFB bool THEN
		TextStream.Close
		TextStream = FSO.OpenTextFile(filename)
		DIM str = TextStream.ReadAll
		TextStream.Close
		FSO.DeleteFile(filename)
		RESULT = SPLIT(str, "<#CR>")
	ENDIF
FEND

関連記事

CreateFolders
指定したパスにフォルダを作成します。親フォルダが存在しなくても作成することができます。
Explore メソッド (Shell)
Windowsエクスプローラーウィンドウで指定したフォルダーを開きます。
Open メソッド (Shell)
Windowsエクスプローラーウィンドウで指定したフォルダーを開きます。
DELETEFILE (スクリプト関数)
FCLOSE (スクリプト関数)
FDELLINE (スクリプト関数)
FGET (スクリプト関数)
FOPEN (スクリプト関数)
FPUT (スクリプト関数)
ShellExecute メソッド (Shell)
Folder.CopyHere メソッド (Shell)
Folder.MoveHere メソッド (Shell)
DeleteFile (FileSystemObject)
DeleteFileメソッドは、指定した 1 つ以上のファイルを削除します。filespecに削除するファイルの名前を指定します。filespecにはワイルドカードを使用することができます。
File.DateCreated (FileSystemObject)
指定ファイルの作成日時を返します。
Folderオブジェクト (Shell)
Folder.NewFolder メソッド (Shell)
新しいフォルダを作成します。
Folder.ParentFolder プロパティ (Shell)
DeleteFolder (FileSystemObject)
DeleteFolderメソッドは、指定した1つ以上のフォルダを削除します。folderspecに削除するフォルダの名前を指定します。folderspecにはワイルドカードを使用することができます。
CopyFile (FileSystemObject)
CopyFileは、指定したファイルを別の場所にコピーする関数です。sourceに指定したファイルをdestinationに指定したパスにコピーします。sourceはワイルドカード文字を使うことができます。
CopyFolder (FileSystemObject)
CopyFolderメソッドは、指定したフォルダを別の場所にコピーします。sourceに指定したファイルをdestinationに指定したパスにコピーします。sourceはワイルドカード文字を使うことができます。
CreateFolder (FileSystemObject)
CreateFolderメソッドは、指定したパスにフォルダを作成します。foldernameに指定したパスにフォルダを作成します。指定したフォルダが既に存在する場合は、エラーが発生します。
File.ParentFolder (FileSystemObject)
Folder.DateCreated (FileSystemObject)