getWeekdayName

指定した曜日番号に対応する曜日名を返します。第一引数に曜日番号、第二引数にフォーマットを指定します。

日付から曜日名を取得する場合は、getWeekday関数を使用します。

構文
UString = getWeekdayName( 数値, [フォーマット] )
引数
数値
GETTIMEで取得した曜日の番号(G_TIME_WW=0:日曜….6:土曜)
フォーマット
以下のアルファベットは数値で指定した対応する曜日に置き換えられます。
aaa
日〜土
aaaa
日曜日〜土曜日
ddd
Sun〜Sat
dddd
Sunday〜Saturday
戻値
数値をフォーマットした文字列を返します。

プログラム

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   数値 : GETTIMEで取得した曜日の番号(G_TIME_WW=0:日曜….6:土曜) 
//   フォーマット : 以下のアルファベットは数値で指定した対応する曜日に置き換えられます。(aaa : 日〜土、aaaa : 日曜日〜土曜日、ddd : Sun〜Sat、dddd : Sunday〜Saturday) 
// 【戻値】
//   数値をフォーマットした文字列を返します。 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION getWeekdayName(num, format = "aaa")
	DIM re = CREATEOLEOBJ("VBScript.RegExp")
	DIM aaa[] = "日", "月", "火", "水", "木", "金", "土";
	DIM aaaa[] = "日曜日", "月曜日", "火曜日", "水曜日", "木曜日", "金曜日", "土曜日";
	DIM ddd[] = "Sun", "Mon", "Tue", "Wed", "Thu", "Fri", "Sat";
	DIM dddd[] = "Sunday", "Monday", "Tuesday", "Wednesday", "Thursday", "Friday", "Saturday";
	match = reExecute(format, "(a|d)+")
	type = match.Item(0).Value
	RESULT = reReplace(format, EVAL(type + "[" + num + "]"), type)
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   str : 正規表現による検索の対象となる文字列 
//   Pattern : 正規表現で使用するパターンを設定 
//   IgnoreCase : 大文字・小文字を区別しない場合はTrue、区別する場合はFalse 
//   Global : 文字列全体を検索する場合はTrue、しない場合はFalse 
// 【戻値】
//   正規表現で検索した結果をMatchesコレクションとして返します。 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION reExecute(str, Pattern, IgnoreCase = TRUE, Global = TRUE)
	DIM re = CREATEOLEOBJ("VBScript.RegExp")
	re.Pattern = Pattern
	re.IgnoreCase = IgnoreCase
	re.Global = Global
	RESULT = re.Execute(str)
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   str1 : 置換される文字列 
//   str2 : 置換後の文字列 
//   Pattern : 置換する文字列のパターン 
//   IgnoreCase : 大文字・小文字を区別しない場合はTrue、区別する場合はFalse 
//   Global : 文字列全体を検索する場合はTrue、しない場合はFalse 
// 【戻値】
//   正規表現置換後の文字列 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION reReplace(str1, str2, Pattern, IgnoreCase = TRUE, Global = TRUE)
	DIM re = CREATEOLEOBJ("VBScript.RegExp")
	re.Pattern = Pattern
	re.IgnoreCase = IgnoreCase
	re.Global = Global
	RESULT = re.Replace(str1, str2)
FEND

関連記事

getWeekday
引数に指定された日付から曜日番号を取得します。0:日曜〜6:土曜の範囲で値を返します。
getNthWeekday
指定年月の第何何曜日(第nW曜日)の日付を返します。
GETTIME (スクリプト関数)
GETTIMEは日時を取得する関数です。第二引数に指定された基準日から第一引数に指定した日数を加算した値を返します。戻値は2000年1月1日からの秒数です。関数実行後特殊変数に値がセットされ、その特殊変数から日付情報を取得できます。
getYear
指定した日付から「年」を返します。
getMonth
指定した日付から「月」を返します。
getDay
指定した日付から「日」を返します。
isDate
isDate関数は、引数が有効な日付として認識できる場合はTrue、それ以外の場合はFalseを返します。
getEndOfMonth
getEndOfMonth関数は、date から m 月後の月末の日付を返す関数です。m は正の値で未来、負の値で過去になります。
today
today関数は、現在の日付を返す関数です。YYYY/MM/DD形式で返されます。時刻も含めて取得する場合はnow関数を使います。
dateAdd
日時(date)に、指定した単位(interval)の時間(num)を加算して返します。正の値で未来、負の値で過去になります。
dateString
指定された日付を西暦から和暦に変換します。
dateValue
dateValue関数は、日付形式の文字列をシリアル値に変換する関数です。
YMDToJD
YMDToJD関数は、グレゴリオ暦をユリウス日をに変換する関数です。西暦1582年10月15日以降の日時を指定してください。ユリウス日をグレゴリオ暦に変換するには、JDToYMD関数を使います。
JDToYMD
JDToYMD関数は、ユリウス日をグレゴリオ暦に変換する関数です。グレゴリオ暦をユリウス日に変換するには、YMDToJD関数を使います。
dateDiff
dateDiff関数は、指定された2つの日付の時間間隔を返します。
getKyureki
getKyureki関数は、引数に指定したグレゴリオ暦の年月日から旧暦(天保暦)の日付を求める関数です。
getRokuyo
getRokuyo関数は、引数に指定した日付から六曜を求める関数です。第一引数に年、第二引数に月、第三引数に日を指定します。