isOddイズオッド関数

本ページには広告が含まれています。

引数に指定した数値が奇数かどうかを調べます。奇数ならばTrue、それ以外の数値はFalse、文字列はエラー値を返します。

構文
  1. Boolean = isOdd( 数値 )
引数
数値 必須
整数
戻り値
True
奇数
False
奇数以外の数値
ERR_VALUE
数値以外

プログラム

UWSC
//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   数値 : 整数 
// 【戻り値】
//   
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION isOdd(n)
	IFB VAL(n) = n THEN
		RESULT = IIF(INT(n) MOD 2 <> 0, TRUE, FALSE)
	ELSE
		RESULT = ERR_VALUE
	ENDIF
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   expr : 評価する式 
//   truepart : 評価した式がTrueのときに返す値 
//   falsepart : 評価した式がFalseのときに返す値 
// 【戻り値】
//   
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION IIF(expr, truepart, falsepart)
	IFB EVAL(expr) THEN
		RESULT = truepart
	ELSE
		RESULT = falsepart
	ENDIF
FEND

解説

  1. 2,4,6行目
    UWSC
    	IFB VAL(n) = n THEN
    		…
    	ELSE
    		…
    	ENDIF
    nが数値ならば3行目>>>、そうでなければ5行目>>>
  2. 3行目
    UWSC
    		RESULT = IIF(INT(n) MOD 2 <> 0, TRUE, FALSE)
    小数点以下を切り捨てた数値が2で割り切れなかったらTrue、割り切れたらFalseを返す。
  3. 5行目
    UWSC
    		RESULT = ERR_VALUE
    エラー値を返す。

関連記事

ABS関数 (スクリプト関数)
引数の絶対値を求めます。
ARCCOS関数 (スクリプト関数)
引数の逆余弦を求めます。
CEIL関数 (スクリプト関数)
正の方向へ切り上げた数値を返します。
LN関数 (スクリプト関数)
自然対数を求めます。
LOGN関数 (スクリプト関数)
常用対数を求めます。
ZCUT関数 (スクリプト関数)
マイナス値を0にして返します。プラス値はそのままの値を返します。
radToDeg関数 (自作関数)
弧度法から度数法に変換します。
degToRad関数 (自作関数)
度数法から弧度法に変換します。
ARCSIN関数 (スクリプト関数)
引数の逆正弦を求めます。
EXP関数 (スクリプト関数)
自然指数関数を求めます。