nowナウ

本ページには広告が含まれています。

現在の日時のシリアル値を取得します。

今日の日付のみを取得する場合はtoday (自作関数)を使います。

構文
now( )
引数
戻り値

プログラム

UWSC
//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   
// 【戻り値】
//   現在の日時 
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION now()
	GETTIME()
	DIM datetime = G_TIME_YY4 + "/" + G_TIME_MM2 + "/" + G_TIME_DD2 + " " + G_TIME_HH2 + ":" + G_TIME_NN2 + ":" + G_TIME_SS2
	RESULT = (GETTIME(0, datetime) - GETTIME(0, "1899/12/30")) / 86400
FEND

シリアル値

シリアル値とは1900年1月1日を1とし、その日からの通算日数と時刻を表す値のことです。1日毎に1ずつ増え、小数部分が時刻を表します。

日付

  1. 1900年1月1日152.png1
  2. 1900年1月2日152.png2
  3. 1900年1月3日152.png3
  4. 2000年1月1日152.png36526
  5. 2020年1月1日152.png43831

時刻

シリアル値で時刻は小数部分で表されます。

1日で1増えるので、1時間は1/24で0.41666666…、1分は1/1440で0.00069444444…、1秒は1/86400で0.0000115740740…増えることになります。

時刻hh:nn:ssのシリアル値は以下の式で求めることができます。

24時間=86400秒。時分秒を秒単位に直して86400で割る。

1時間=3600秒、1分=60秒。

\[ \frac{hh \times 3600 + nn \times 60 + ss}{86400} \]
  1. 0:0:0152.png0.0
  2. 3:0:0152.png0.125
  3. 6:0:0152.png0.0.25
  4. 12:0:0152.png0.5
  5. 21:0:0152.png0.875
  6. 23:59:59152.png0.0999988425925926
  7. 24:0:0152.png0.0

日付・時刻のシリアル値

now関数は現在の日時のシリアル値を取得します。シリアル値は整数部分が日付、小数点以下が時刻を表しているので、INT関数を使うことで日付部分と時刻部分に分けることができます。

以下は日付部分。

UWSC
PRINT INT(now())

以下は時刻部分。

UWSC
DIM time = now()
PRINT time - INT(time)

使い方

text (自作関数)を使うことで様々な形式で出力することができます。

現在の日時を出力します。

UWSC
PRINT text(now(), "yyyy/mm/dd hh:nn:ss")

今日の日付を出力します。この結果はtoday (自作関数)を使うのと同じです。

UWSC
PRINT text(now(), "yyyy/mm/dd")

現在時刻を出力します。

UWSC
PRINT text(now(), "hh:nn:ss")

プログラム実行例

現在日時を吹き出しに表示

UWSC
使用関数

時刻が指定した範囲内にあるか

現在の日時が18:00:00〜22:00:00の範囲内にあるか。

UWSC
使用関数
解説

UWSCの実行日時をINIファイルに書き込み・読み込み

UWSC
結果
プレーンテキスト
■前回の実行日時
2022/03/07 02:09:07
使用関数

ビットマップ画像を補色に変換(24ビット)

UWSC
使用関数
解説

今年何%経過したか

UWSC
使用関数

関連記事

GETTIME関数 (スクリプト関数)
日付、時間を取得します。
getSerialTime (自作関数)
UWSC時間 から シリアル値 を取得します。
uwscToSerial (自作関数)
UWSC時間 を シリアル値 に変換します。
serialToUwsc (自作関数)
シリアル値 を UWSC時間 に変換します。
serialToUNIX (自作関数)
シリアル値 を UNIX時間 に変換します。
UNIXToSerial (自作関数)
UNIX時間 を シリアル値 に変換します。
Hour (自作関数)
シリアル値 からを求めます。
Minute (自作関数)
シリアル値 からを求めます。
Second (自作関数)
シリアル値 からを求めます。
dateSerial (自作関数)
引数に指定した年、月、日の日付が表すシリアル値を返します。