UwscWebDriver

導入方法

GitHub – stuncloud/UwscWebDriver: UWSCでWebDriverを使ってブラウザを操作するためのモジュール

Code→Download ZIPからダウンロード

GUIで導入するドライバーを選択。

CALL UwscWebDriver.uws

WebDriverDownload.Dialog()

以下のプログラムを実行で最新版がダウンロードされます。

CALL UwscWebDriver.uws

WITH WebDriverDownload
	.Chrome()
	.ChromiumEdge()
	.EdgeLegacy()
	.Firefox()
ENDWITH

バージョンを指定する場合は以下のように第一引数に指定します。Firefoxだけはビットを指定。32bitは32、64bitは64。

CALL UwscWebDriver.uws

WITH WebDriverDownload
	.Chrome(83)           // Chromeのバージョンを指定
	.ChromiumEdge(86)     // Chromium Edge(新Edge)のバージョンを指定
	.EdgeLegacy()         // 旧Edge
	.Firefox(64)          // Firefoxのビットを指定
ENDWITH

ダウンロードされるファイル

上記プログラムを実行したときにダウンロードされるファイルです。引数に指定したバージョンによってzipファイルは値が変わるかもしれないです。ダウンロードされるフォルダは実行した場所です。

Chrome
WebDriverDownload.Chrome(83)
    • chromedriver.exe
    • chromedriver_win32.zip
Edge
WebDriverDownload.ChromiumEdge(86)
    • msedgedriver.exe
    • msedgedriver.zip
Firefox
WebDriverDownload.Firefox(64)
    • geckodriver.exe
    • geckodriver-v0.27.0-win64.zip

バージョンの確認方法

Google Chrome

ブラウザを起動→メニュー→ヘルプ→Google Chromeについて

PRINT DOSCMD(“DIR /B /O-N C:\Program Files\Google\Chrome\Application | FINDSTR ^[0-9].*¥>”)

Chromium

ブラウザを起動→メニュー→Chromiumについて

旧Edge

ブラウザを起動→メニュー→設定→全般の一番下の「このアプリについて」

Firefox

ブラウザを起動→メニュー→ヘルプ→Firefoxについて

PRINT REPLACE(DOSCMD(“C:\Program Files\Mozilla Firefox\firefox.exe -v | more”), “Mozilla Firefox “, “”)

UWSCWebDriverをどのフォルダにおいても呼び出せるようにする

UWSCWebdriverは呼び出すプログラムと同じフォルダに置かないと実行できませんが、exeファイルのパスを相対パスから絶対パスに書き換えることで違うフォルダからも呼び出せるようになります。

module WebDriver
    const MODULE_VERSION = “0.4.1”

    dim debug = FALSE
    dim showcmd = TRUE
    const Chrome       = “chromedriver.exe”
    const Firefox      = “geckodriver.exe”
    const Edge         = “msedgedriver.exe”
    const ChromiumEdge = “msedgedriver.exe”
    const EdgeLegacy   = “MicrosoftWebDriver.exe”

プログラムを以下のように書き換える。

module WebDriver
    const MODULE_VERSION = “0.4.1”

    dim debug = FALSE
    dim showcmd = TRUE
    dim folderspec = “UwscWebDriverのフォルダを指定”
    const Chrome       = folderspec + “chromedriver.exe”
    const Firefox      = folderspec + “geckodriver.exe”
    const Edge         = folderspec + “msedgedriver.exe”
    const ChromiumEdge = folderspec + “msedgedriver.exe”
    const EdgeLegacy   = folderspec + “MicrosoftWebDriver.exe”

UwscWebDriver.uwsも相対パスから絶対パスにすることで同じフォルダになくても呼び出すことができます。

CALL UwscWebDriver.uws
CALL “D:\Programs\UwscWebDriver-master\UwscWebDriver.uws”

ブラウザが起動しないとき

以下のプログラムを実行したときに表示されるコマンドプロンプトを確認します。

WebDriver.Chrome()             // Chrome
WebDriver.Firefox()            // FireFox
WebDriver.ChromiumEdge()       // Chromium Edge
WebDriver.ChromiumLegacy()     // 旧Edge

実行するのは起動したいブラウザのプログラムだけで大丈夫です。

1行目に書かれているバージョンがブラウザのバージョンと違う場合、最新のウェブドライバーが入っていないので導入方法を参考にインストールします。また最新バージョンを入れるときはブラウザ・コマンドプロンプトを閉じておきます。

Starting ChromeDriver 99.0.4844.51

モジュール

WebDriver
By
CSSセレクタを生成
JS
WebDriverDownload
WebDriverをダウンロードする

オブジェクト

WebDriverOption
driver
element

参考文献

  1. UwscWebDriver | UWSCでWebDriverを使ってブラウザを操作するためのモジュール
  2. GitHub - stuncloud/UwscWebDriver: UWSCでWebDriverを使ってブラウザを操作するためのモジュール
  3. driverオブジェクト · stuncloud/UwscWebDriver Wiki · GitHub
  4. WebDriverDownloadモジュール · stuncloud/UwscWebDriver Wiki · GitHub