CDOオブジェクト

構文
DIM CDO = CREATEOLEOBJ(“CDO.Message”)
参照設定名
Microsoft CDO for Windows 2000 Library

メソッド

<表示切り替え>

AddAttachment
メッセージにファイルを添付します。
AddRelatedBodyPart
CreateMHTMLBody
リンクとアタッチメントのWebページをスキャンし、このメッセージに適切なボディパーツを作成します。
Forward
メッセージの転送に使用できる別のメッセージを作成して返します。
GetInterface
GetStream
Post
PostReply
Reply
ReplyAll
Send
メッセージを送信します。

プロパティ

<表示切り替え>

AttachmentsRead-only
メッセージの添付ファイルのコレクションを指定します。
AutoGenerateTextBody
メッセージのTextBodyを、マルチパート/代替メッセージのHTMLBodyプロパティの内容から自動的に生成するかどうかを示します。
BCC
メッセージのブラインドカーボンコピー(BCC)受信者を指定。
BodyPartRead-only
CC
メッセージのカーボンコピー(CC)受信者を指定。
Configuration
DataSourceRead-only
DSNOptions
EnvelopeFields
FieldsRead-only
FollowUpTo
From
メッセージの差出人(From)を指定します。
HTMLBody
HTMLBodyPart
Keywords
MDNRequested
MimeFormatted
Newsgroups
Organization
ReceivedTime
ReplyTo
返信先アドレスを指定します。
Sender
SentOn
Subject
件名を指定します。
TextBody
メッセージの本文を指定します。
TextBodyPart
To
メッセージの宛先(To)を指定します。