WshShellダブリューエスエイチシェル オブジェクト

本ページには広告が含まれています。

WshShellオブジェクトは、Windows Script Host(WSH)環境で使用することができるオブジェクトの一つで、Windowsのシェルを制御するための機能を提供します。WshShellオブジェクトは、ファイル・コマンドプロンプトによるコマンド・レジストリの操作などを行うことができます。

構文
UWSC
DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell")
参照設定
プレーンテキスト
Windows Script Host Object Model

オブジェクト

<表示切り替え>

WshEnvironment
Windows Script Host(WSH)において.環境変数の操作を行うオブジェクトです。
WshShortcut
ショートカットの作成、読み込み、および編集に使用されます。WshShortcutオブジェクトは、ショートカットのプロパティを設定および取得するために使用できるプロパティを提供します。WshShortcutオブジェクトは、WshShellオブジェクトのCreateShortcutメソッドを使用して作成されます。
WshURLShortcut
Windows Script Host(WSH)において、URL のショートカットファイルを操作するためのオブジェクトです。

メソッド

<表示切り替え>

AppActivate
アプリケーションウィンドウをアクティブにします。
CreateShortcut
ショートカットまたはURLショートカットへのオブジェクト参照を作成します。
ExpandEnvironmentStrings
環境変数を展開した値を返します。
LogEvent
イベントエントリをログファイルに追加します。
Popup
ポップアップメッセージボックスにテキストを表示します。
RegRead
レジストリ内のキー名または値名の値を返します。
RegWrite
新しいキーの作成、新しい値名の既存キーへの追加 (および値の設定)、既存の値名の値変更などを行います。
SendKeys
1 つ以上のキー ストロークをアクティブなウィンドウに送ります。

プロパティ

<表示切り替え>

Environment
WshEnvironmentオブジェクト(環境変数のコレクション)を返します。
SpecialFolders
SpecialFoldersオブジェクト(特定フォルダのコレクション)を返します。

参考文献

  1. WshShell オブジェクト | Microsoft Learn
  2. WshShell オブジェクトのプロパティとメソッド | Microsoft Learn
  3. 第5回 WshShellオブジェクトの詳細(1):Windows管理者のためのWindows Script Host入門(1/4 ページ) - @IT