WshShell.LogEventログイベント メソッド

本ページには広告が含まれています。

イベントログにメッセージを書き込むことができます。書き込まれた内容は[イベント ビューアー]で確認することができます。[イベント ビューアー]は[スタート]ボタンをクリック、メニューから[Windows 管理ツール]フォルダ内にある[イベント ビューアー]から、もしくは、[スタート]ボタンを右クリックし右クリックメニューから[イベント ビューアー]を選択することでも起動することができます。

構文
  1. Boolean = WshShell.LogEvent( intType, strMessage, strTarget )
引数
intType 必須
イベントの種類を表現する数値
strMessage 必須
ログエントリのテキスト
strTarget 省略可
イベント ログを格納するコンピュータ システムの名前を示す文字列値(既定値はローカルのコンピュータシステムです。Windows NT/2000にのみ適用されます。)
戻り値
True
イベントが正常に記録された
False
それ以外

引数

intType

イベントの種類を表す数値です。

定数名種類
0SUCCESS成功
1ERRORエラー
2WARNING警告
4INFORMATION情報
8AUDIT_SUCCESS成功の監査
16AUDIT_FAILURE失敗の監査

使い方

[Windows ログ]には[Application]、[セキュリティ]、[Setup]、[システム]、[Forwarded Events]の5種類がありますが、LogEventメソッドで書き込めるのは[Application]のみです。

存在しないイベントIDを指定するとエラーが発生します。

イベントログに書き込むプログラムの名前を示す「ソース」は、Windows Script Hostを表す「WSH」となります。

プログラム実行例

イベントログを残す

成功の監査失敗の監査がなぜか情報のアイコンで表示される。

UWSC
CONST SUCCESS = 0
CONST ERROR = 1
CONST WARNING = 2
CONST INFORMATION = 4
CONST AUDIT_SUCCESS = 8
CONST AUDIT_FAILURE = 16

DIM WshShell = CREATEOLEOBJ("WScript.Shell")

WITH WshShell
	.LogEvent(SUCCESS, "成功")
	.LogEvent(ERROR, "エラー")
	.LogEvent(WARNING, "警告")
	.LogEvent(INFORMATION, "情報")
	.LogEvent(AUDIT_SUCCESS, "成功の監査")
	.LogEvent(AUDIT_FAILURE, "失敗の監査")
ENDWITH
結果
.png
使用関数

参考文献

  1. LogEvent メソッド | Microsoft Learn

関連記事

LOGPRINT関数 (スクリプト関数)
LOGPRINT関数は、UWSCのプログラム実行時にPRINT文で出力した内容を表示するウィンドウを操作する関数です。ウィンドウを表示するか表示しないか、ウィンドウの位置・幅・高さを指定できます。
PRINT文
OLEEVENT関数 (スクリプト関数)