isObjectイズオブジェクト関数

本ページには広告が含まれています。

与えられた変数がオブジェクト型か調べます。

構文
  1. Boolean = isObject( variable )
引数
variable 省略可
型を調べる変数
戻り値
TRUE
与えられた変数がオブジェクト型である
FALSE
与えられた変数がオブジェクト型でない

プログラム

UWSC
//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   variable : 型を調べる変数 
// 【戻り値】
//   
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION isObject(variable)
	RESULT = IIF(VARTYPE(variable) = VAR_DISPATCH, TRUE, FALSE)
FEND

//////////////////////////////////////////////////
// 【引数】
//   expr : 評価する式 
//   truepart : 評価した式がTrueのときに返す値 
//   falsepart : 評価した式がFalseのときに返す値 
// 【戻り値】
//   
//////////////////////////////////////////////////
FUNCTION IIF(expr, truepart, falsepart)
	IFB EVAL(expr) THEN
		RESULT = truepart
	ELSE
		RESULT = falsepart
	ENDIF
FEND

関連記事

VARTYPE関数 (スクリプト関数)
第一引数に指定した変数の型を示す数値を返す、もしくは第ニ引数に指定した型に変換します。
isString関数 (自作関数)
与えられた変数の型が文字列型か調べる。
isEmpty関数 (自作関数)
与えられた変数の型がEmpty型か調べる。
isFloat関数 (自作関数)
与えられた変数の型が小数型か調べる。
isArray関数 (自作関数)
与えられた変数の型が配列型か調べる。
isAssociative関数 (自作関数)
与えられた変数の型が連想配列型か調べる。