PageSetup.LeftHeaderレフトヘッダー プロパティ

本ページには広告が含まれています。

ヘッダーの左側に表示する項目を取得または設定します。

構文
  1. String = PageSetup.LeftHeader
  2. PageSetup.LeftHeader = String
引数
戻り値

ヘッダー・フッターに指定できる書式コードとVBAコード

ヘッダー・フッターのプロパティ(LeftHeaderCenterHeaderRightHeaderLeftFooterCenterFooterRightFooter)には次の書式コードとVBAコードを使うことができます。

書式コード

文字列を装飾します。書式コード単体では何も表示されず、文字列やVBAコードと組み合わせることで機能します。装飾を開始する直前と終了する直後の位置に書式コードを記述します。同じ書式コードで囲まれた部分が装飾されます。最後まで装飾する場合、終了の書式コードは省略できます。二重引用符(")で囲むとなっているところはUWSCでは<#DBL>で置き換えてください。

書式コード説明
&Lこのコードに続く文字列を左詰めに配置します。
&Cこのコードに続く文字列を中央揃えに配置します。
&Rこのコードに続く文字列を右詰めに配置します。
&Eこのコードに続く文字列に二重下線付きを設定します。
&Xこのコードに続く文字列を上付き文字を設定します。
&Yこのコードに続く文字列を下付き文字を設定します。
&Bこのコードに続く文字列に太字を設定します。
&Iこのコードに続く文字列に斜体を設定します。
&Uこのコードに続く文字列に下線付きを設定します。
&Sこのコードに続く文字列に取り消し線付きを設定します。
&"フォント名"このコードに続く文字列に指定したフォントを設定します。フォント名は、必ず半角の二重引用符 (") で囲んでください。
&nnこのコードに続く文字列に指定したフォントサイズを設定します。nnには、ポイント数を表す2桁の数値を指定します。
&colorこのコードに続く文字列に指定された色を設定します。16進数の値を設定します。colorには16進数の値を&Kに続けてRRGGBBの形式で記述します。例)赤→&KFF0000
&"+"このコードに続く文字列を、現在のテーマの[見出し]フォントに設定します。フォント名は、必ず半角の二重引用符 (") で囲んでください。
&"-"このコードに続く文字列を、現在のテーマの [本文] フォントに設定します。フォント名は、必ず半角の二重引用符 (") で囲んでください。
&KxxSnnn現在のテーマの指定した色で文字を設定します。xxは、使用するテーマの色を指定する 1 から 12 までの 2 桁の数値です。nnnは、テーマの色の網掛け (濃淡) を指定します。 網掛けの濃淡を明るくするには、S+と指定し、暗くするにはS-と指定します。nnnは、3桁の整数で、パーセンテージを0~100で指定します。テーマの色または網掛けを指定する値がこの制限を超える場合は、最も近い有効な値が使用されます。

VBAコード

VBAコード説明
&D現在の日付(yyyy/m/d形式)を表します。&[日付]
&T現在の時刻(hh:mm形式)を表します。
&Fファイルの名前を表します。&[ファイル名]
&Aシート見出し名を表します。&[シート名]
&Pページ番号を表します。&[ページ番号]
&P+<数値>ページ番号に指定した<数値>を加算します。
&P-<数値>ページ番号に指定した<数値>を減算します。
&&&を表示します。
&Nファイルのすべてのページ数を表します。&[総ページ数]
&Zファイルパスを表します。&[パス]
&GExcel.LeftHeaderに設定した画像イメージ。

記述例

[ページレイアウト]タブ-[ページ設定]-[ヘッダー/フッター]タブの[フッター]のプルダウンメニューにある項目を記載しておきます。

  1. 左側
  2. 中央部
  3. 右側
VBAコード文字列
  1. &[ページ番号] ページ
  1. &P ページ
  1. &[ページ番号] / &[総ページ数] ページ
  1. &P / &N ページ
  1. &[シート名]
  1. &A
  1. <機種名> 社外秘
  2. &[日付]
  3. &[ページ番号] ページ
  1. <機種名> 社外秘
  2. &D
  3. &P ページ
  1. &[ファイル名]
  1. &F
  1. &[パス]&[ファイル名]
  1. &Z&F
  1. &[シート名]
  2. Page &[ページ番号]
  1. &A
  2. Page &P
  1. &[シート名]
  2. <機種名> 社外秘
  3. &[ページ番号] ページ
  1. &A
  2. <機種名> 社外秘
  3. &P ページ
  1. &[ファイル名]
  2. &[ページ番号] ページ
  1. &F
  2. &P ページ
  1. &[パス]&[ファイル名]
  2. &[ページ番号] ページ
  1. &Z&F
  2. &P ページ
  1. &[ページ番号] ページ
  2. &[シート名]
  1. &P ページ
  2. &A
  1. &[ページ番号] ページ
  2. &[ファイル名]
  1. &P ページ
  2. &F
  1. &[ページ番号] ページ
  2. &[ファイル名]
  1. &P ページ
  2. &F
  1. &[ページ番号] ページ
  2. &[パス]&[ファイル名]
  1. &P ページ
  2. &Z&F
  1. <ユーザー名>
  2. &[ページ番号] ページ
  3. &[日付]
  1. <ユーザー名>
  2. &P ページ
  3. &D
  1. 作成者 : <ユーザー名>
  2. &[日付]
  3. &[ページ番号] ページ
  1. 作成者 : <ユーザー名>
  2. &D
  3. &P ページ
  1. &[ページ番号]
  1. &P

書式コード・VBAコードを記述する際の注意点

書式コードは装飾する文字列の直前に記述します。

UWSC
&B太字にする文字列

書式コードを解除するには終了する箇所に同じ書式コードを記述します。以下は&Bで囲まれた箇所のみ太字で表示されます。

UWSC
&B太字にする文字列&B標準の文字列

複数の書式を設定する場合、書式コードを続けて記述します。以下は太字(&B)かつ斜体(&I)。

UWSC
&B&I太字・斜体の文字列

太字と斜体を適用して、途中で太字だけ解除。

UWSC
&B&I太字・斜体の文字列&B斜体の文字列

数値から始まる文字列にフォントサイズを指定する場合、フォントサイズを指定した直後に半角スペースを記述します。以下は文字列112233がフォントサイズ15で表示されます。

UWSC
&15 112233

VBAコードの日付や時刻を別のフォーマットで表記したい場合は、VBAコード(&D&T)は使わずnow (自作関数)でシリアル値を取得してからtext (自作関数)で加工します。

以下は、今日の日付を和暦で設定する例。

UWSC
text(now(), "ggge年mm月dd日")

以下は、現在の時刻をhh時nn分形式で設定する例。

UWSC
text(now(), "hh時nn分")

テーマから色を設定

&KxxSnnnとしたときxxの数値は[フォント]ダイアログの色のプルダウンメニューを選択したときに表示されるカラーパレットに対応しています。[テーマの色]の左側から00、01、…、09と対応しています。

[テーマの色]最上段、左から1番目の白、背景1#ffffff)は&K00+000、2番目の黒、テキスト1#000000)は&K01+000、3番目のベージュ、背景2#eeece1)は&K02+000、4番目の濃い青、テキスト2#1f497d)は&K03+000のようになります。

Snnn+100で白、-100で黒になります。

.png

使い方

UWSC
DIM Application = Excel.Application
DIM Worksheet = Application.ActiveSheet
DIM PageSetup = Worksheet.PageSetup

PageSetup.LeftHeader = "&Z&F"
結果
&[パス]&[ファイル名].png

関連記事

XLOPEN関数 (スクリプト関数)
ExcelまたはOOoのCalcを起動。
XLSHEET関数 (スクリプト関数)
PageSetup オブジェクト
Application オブジェクト
Border オブジェクト
Characters オブジェクト
Charts オブジェクト
Comment オブジェクト
FullSeriesCollection オブジェクト
LineFormat オブジェクト